町でいちばんの美女 ありふれた狂気の物語
ホーム > 作品情報 > 映画「町でいちばんの美女 ありふれた狂気の物語」
メニュー

町でいちばんの美女 ありふれた狂気の物語

  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

日本でも人気のある作家/詩人のチャールズ・ブコウスキー作品、初の映画化で、原作は短編集『町でいちばんの美女』(邦訳・新潮社刊)に所収の表題作。多分にブコウスキーの自伝的な要素の詰まった、ある酔っ払いの詩人と娼婦の物語。監督と脚本は「未来は女のものである」「I LOVE YOU」のマルコ・フェレーリ、また脚本には「自転車泥棒」のセルジオ・アミディも参加。製作はマルコ・フェレーリの妻であるジャクリーヌ・フェレーリで、彼女は夫の作品のすべての製作を手掛けている。撮影は「死と処女」のトニーノ・デリ・コリ、音楽は「ラ・ピラート」などのフィリップ・サルド、美術は「エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事」のダンテ・フェレッティ、編集はルッジェーロ・マストロヤンニがそれぞれ担当。出演は「チャイニーズ・ブッキーを殺した男」などの名優ベン・ギャザラ、「モンテカルロ殺人事件」のオルネラ・ムーティ、「クライ・ベイビー」のスーザン・ティレル、「僕と一緒に幾日か」のタニヤ・ロペールほか。84年に特集上映「イタリア映画祭in東京」で上映されたが、今回が初の劇場公開。

ストーリー

妻のヴィッキ(タニヤ・ロペール)と別れた詩人のチャールズ・サーキング(ベン・ギャザラ)はある日、浜辺でキャス(オルネラ・ムーティ)という名前の売春婦と出会った。彼女はいつもは金持ちばかりを相手にしている高級売春婦であったが、やがてチャールズと付き合い始め、チャールズもそれをきっかけに詩のインスピレーションを取り戻した。ある日、何日も家を出ていたキャスが再びチャールズの元へくると、チャールズは別の少女と同居していた。キャスは嫉妬し、チャールズもまた、酒やドラッグにふける生活に舞い戻って行く。しかし危ういところでチャールズを助け出したキャスは、海辺のホテルに行き、2人はそこで幸福な一時期を過ごす。が、仕事でチャールズがニューヨークへ出かけているあいだに、キャスは自殺してしまう。酒へ溺れる生活がまた始まるが、そこに見知らぬ少女が現れ、チャールズを浜辺へいざなう。裸の少女にチャールズはすがりついた。...

作品データ

原題 Storie di ordinaria follia Tales of Ordinaly Madness
製作年 1981年
製作国 イタリア・フランス合作

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

バッファロー'66[Blu-ray/ブルーレイ] ありきたりな狂気の物語[DVD] バッファロー'66[DVD] 華麗なる相続人[DVD]
バッファロー'66[Blu-ray/ブルーレイ] ありきたりな狂気の物語[DVD] バッファロー'66[DVD] 華麗なる相続人[DVD]
発売日:2012年9月5日 最安価格: ¥2,165 発売日:2006年3月25日 最安価格: ¥4,665 発売日:2014年3月28日 最安価格: ¥927 発売日:2008年4月25日 最安価格: ¥910
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi