まごころを君にのレビュー・感想・評価

メニュー

まごころを君に

劇場公開日 1969年2月22日
2件を表示 映画レビューを書く

多様化を意識したい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

障害者いじめが叫ばれたり老人ホームなどで事件が起きている今日この頃。
この映画は本当に、それを確かに表しているなぁと思いました。
パン屋さんで清掃の仕事をしている主人公は知恵遅れという言葉を使っていいのか分かりませんが、障害を持っていて周囲から度々イタズラという名のイジメを受けており、戯れて貰えるのは嬉しそうな主人公ですが、いつもからかわれている。
ある時はパン種をロッカー一杯に詰められたり、雪が降ると嘘をつかれたり。
そんな姿を見ると胸が痛みます。
そして主人公はチャンスを得て治験の手術をうけ、知恵を取り戻すと途端に周囲は離れていきます。
体は健康なので、もちろん性欲も出てくる。
そこは見ていて、女性なので健康な男性って、こういう衝動にかられるのか…と勉強になりました。
恋は実り良い日々も過ごすが、段々物覚えが悪くなり治験の手術が一時の効果だったこととなる。だけど無邪気な笑顔を取り戻す主人公。
健常が幸福か非常に考えさせられました。
傍で見守る先生が母、主人公が子供と見ると教育、子育ては本当に難しい課題なのだと私は考えさせられます。
人を思うように操ることは出来ないのだと、操っても破滅することもある。
いろんな見方が出来る映画だと、そしてハッピーエンドなのかもしれないと、見終わって数日経つと感じてしまうのも何故か…
チャンスがあれば少し時間が経ったら再度見直してみようと思います。

みきねこ
みきねこさん / 2016年3月21日 / スマートフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  悲しい 知的 難しい
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

何を伝えたいのか?どこがポイントなのか?イマイチよくわからずじまい ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

小説「アルジャーノンに花束を」を読んでいない状態で視聴。

馬鹿から急激に天才になり、また元の馬鹿に戻る。
といった物語。

「アルジャーノン」は、チャーリーより先に手術を受けていた天才ハツカネズミの名前。

小説を読んでいないので、比較はできませんが、この映画は面白くない。
単に、「小説で起きた事柄を時系列に並べました」って感じ。
何を伝えたいのか? どこがポイントなのか? イマイチよくわからずじまい。

まったく感動しませんでした。

不死鳥
不死鳥さん / 2015年9月16日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi