マイ・スイートファミリー
ホーム > 作品情報 > 映画「マイ・スイートファミリー」
メニュー

マイ・スイートファミリー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

複雑な家庭環境が生み出す奇妙な出来事を13歳の少女を中心に描いたコメディ。監督は『デランシー・ストリート』(V)のジョアン・ミックリン・シルヴァー、製作はジェリー・オルセンとローリー・パールマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはメリッサ・ゴダードとピーター・モーガン、脚本はフランク・ムガヴェロ、撮影はテオ・ヴァン・デ・サンデが担当。

ストーリー

13歳の少女ローラ(ヒラリー・ウォルフ)は、2回の離婚歴を持つ母メリンダ(マーガレット・ウィットン)と、メリンダの現在の夫キース(デイヴィッド・ストラザーン)、キースの連れ子ジョシュ(ダン・フッターマン)、コリーン(ジェニー・ルイス)、カート、そしてメリンダとキースの間にできた8歳の息子サムといった複雑な家庭の中で憂鬱に日々を送っている。義父や義兄弟たちとは打ち解けられず、ゴージャスな母メリンダはローラよりも義理の娘コリーンの方を自分の娘のように可愛がっていた。一方、ローラの実父デイヴィッド(グリフィン・ダン)も離婚・再婚を繰り返し、現在の妻バーバラ(パトリシア・カレンバー)とも一女をもうけながらも別居中で離婚寸前、その原因であるデイヴィッドの新しい恋人ステファニー(エイドリアン・シェリー)は彼の子を妊娠中。たった一人取り残された気持ちになったローラはブルーレイクに向かい、そこからあてもなく彷徨う。彼女が出会ったのは、暖かい家族、不良少年たち、飼い主に叱られている犬_。「やっぱり家族が一番」と、ローラは家族のもとに戻ることを決心する。一方、ローラを心配して集まってきた家族たちも、離婚した夫婦の再会や妻と愛人のハチ合わせなどで初めはぎごちなかったが、ローラを思う気持ちから次第に家族の絆を深めていき、戻ってきたローラとともにバラバラだった家族の心は一つになったのだった。...

作品データ

原題 Step Kids
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi