炎のランナーのレビュー・感想・評価

メニュー

炎のランナー

劇場公開日 1982年8月14日
3件を表示 映画レビューを書く

3.5

すごくワクワクして熱くなれる映画。でももう少し他のランナーのお話を描いてもいいと思う。でも実話だと思うとすごくドマラがある。
最後のエンドクレジットは昨日みた「レインマン」のエンドよりいいかもしれない。8割テーマのおかげだが。
大会のまえの話が少し長すぎてグダグダしてた感じがするので評価は少し低め。

onaka
onakaさん / 2016年2月14日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

感動が薄いのは、競技を中心に描いていないから

総合60点 ( ストーリー:60点|キャスト:70点|演出:75点|ビジュアル:75点|音楽:90点 )

 演技・衣装・演出といった全体の質感は高い。しかしどうにものめりこめない。五輪で活躍するための努力や、そこで成果を出す感動といったものがあっさりとしている。それは競技に対する情熱や練習といったものではなくて、登場人物の人種やら背景やら生き方やら周囲の見方やらを描くことに力を入れすぎていて、本来の運動競技が持つはずの努力や達成感やらというものがおざなりになっているのだ。だから何を中心に描きたいのか主題もはっきりしないままに、五輪大会を迎えてしまった感じがする。もしかすると競技よりも、登場人物の、そして英国の品格を描くことが中心になっているのかな。
 だがヴァンゲリスによる、夜明けから光が差し込んでくるかのような美しく透明感と力強さと荘厳さのある音楽に乗せて、砂浜を裸足で失踪する彼らの姿はとても素晴らしい。この映画でヴァンゲリスを初めて知った。この音楽だけで観た価値があった。

Cape God
Cape Godさん / 2015年3月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

予定調和

2人のランナーが、現状と葛藤しながら、1924年パリのオリンピックの地に辿り着く様を描いている。
プロとアマ、個人と国家、個人対近親者、といった対立軸で物語が進んでいくのだが、余り深みを感じなかった。

Nori
Noriさん / 2014年6月30日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  単純
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi