ボディ・バンク
ホーム > 作品情報 > 映画「ボディ・バンク」
メニュー

ボディ・バンク

劇場公開日

解説

巨大病院を舞台にした恐るべき陰謀を知った青年医師の危難を描く、社会派医学スリラー。リアルで強烈なサスペンスであると同時に、先端医学の裏側に潜む倫理観の問題にも迫っている。製作は、主演のヒュー・グラントと私生活のパートナーでもある女優のエリザベス・ハーレイで、2人が設立したシミアン・フィルムズの第1回作品。現役医師マイケル・パーマーの同名小説(邦訳・ベネッセコーポレーション)を「黙秘」のトニー・ギルロイが脚色し、ドキュメンタリーの名手でもある「ネル」のマイケル・アプテッドが監督。製作総指揮はアンドリュー・シェインマン、撮影は「ザ・シークレット・サービス」のジョン・ベイリー、音楽は「マーズ・アタック!」のダニー・エルフマン、美術は「アンタッチャブル」のダグ・クレイナー、編集はリック・シェインが担当。主演は「恋の闇 愛の光」のヒュー・グラントと「目撃」のジーン・ハックマン。共演は「マーズ・アタック!」のサラ・ジェシカ・パーカー、「ロング・キス・グッドナイト」のデイヴィッド・モース、「天使にラブ・ソングを…」のビル・ナン、「クラッシュ」の監督デイヴィッド・クローネンバーグほか。

ストーリー

マンハッタンのグラマシー総合病院に勤務するガイ・ルーサン(ヒュー・グラント)は、将来を嘱望される青年医師。ある夜、1人の患者が運び込まれてきた。男は裸同然の恰好で、背中に大きな裂傷があった。男は激しい発作に繰り返し見舞われるが原因は不明、しかも計器は異常な数値を示していた。ガイの必死の手当てもむなしく、男はもう1人の男の名を残して息絶えた。患者の死に方に不審を抱いたガイは、男のしていたリストバンドを元に彼がいた病院を調べ始めた。彼らは過去にグラマシーで治療を受けていたにも関わらず、詳しい記録は一切残されていない。しかも、検死官に男の死体は届いていなかった。追求を続けるガイに対し、何者かがはっきりと敵意を示し始めた。彼は身に覚えのないコカイン所持容疑で逮捕され、病院からも解雇されてしまう。だが、ガイは真実を求めて男が口にした言葉を手かがりに、「ルーム」と呼ばれるNYの地下世界=地下に住むホームレス「モグラびと」のコミュニティーへと足を踏み入れる。そこには病院で死んだ男が名前を残したもう1人の男がおり、瀕死の男は背中に傷を負っていた。ガイは彼らの証言から、謎の組織が地下ホームレスを人体実験に使っていることを知る。彼は男を病院へ運ぼうとするが、そこへFBI捜査官のヘア(デイヴィッド・モース)とNY市警の刑事バーク(ビル・ヌーン)が現れて男を射殺し、ガイも重症を負う。看護婦のジョディ(サラ・ジェシカ・パーカー)の部屋に逃げ込んだガイだったが、次に目を覚ました時はベッドの上だった。神経医学の権威マイリック(ジーン・ハックマン)に、銃で撃たれた後遺症で一生半身不随だと告げられ、ガイは絶望する。しかし、そこへジョディが現れて、半身の麻痺は薬による一時的なものだと言う。マイリックの手下であるヘアを振り切り、ガイはマイリックの研究所のビルから脱出せんとする。マイリックの研究は、切断された脊椎の神経を再生させるという画期的なものだった。彼はガイに「ホームレスたちは、そのための止むを得ない犠牲だ」と言う。さらに「医学の進歩に力を貸してくれ」と誘う彼の言葉に心を動かされるが、ガイは結局拒絶する。その時、ヘアが襲いかかって揉み合いになり、銃が暴発してマイリックは死んだ。マイリックたちの所業が明らかになり、ガイの疑惑も晴れてNY大の研究生に迎えられる。ある日、マイリックの未亡人が彼を訪ね、夫の残したデータを「あなたなら正しく役立てることができる」と言い、ガイはそれを受け取った。...

作品データ

原題 Extreme Measures
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和
上映時間 118分

提供:株式会社キネマ旬報社

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ボディ・バンク
ボディ・バンク
2013年12月28日
¥309
ニコニコ動画
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi