ポップコーン(1991)
ホーム > 作品情報 > 映画「ポップコーン(1991)」
メニュー

ポップコーン(1991)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

大学のハロウィン・オールナイトで上映されたホラー映画の中の惨劇が、映画を飛び越えて現実となる奇想天外なドラマを、軽いタッチで描いたホラー・ムービー。89年秋にジャマイカで撮影。監督・脚本のアラン・オームズビーが撮入三週目で降板、マーク・ヘリアーが監督のあとを継いだ。脚本はトッド・ハケットの変名でクレジットされている。

ストーリー

映画学科の女子大生マギー(ジル・ショーレン)は、見知らぬ男の出てくる悪夢に毎夜うなされていた。大学ではハロウィンの日に50年代のB級ホラー映画を上映することになる。そのホラーマラソン映画祭の準備中、マギーは劇場で幻のカルト・ホラーといわれるフィルムを見つけた。その映画には、マギーの夢とまったく同じ映像が映し出されている。マギーは不安な気持ちのまま映画祭を迎えるが、舞台裏では何者かによって次々と仲間やデイヴィス教授(トニー・ロバーツ)が殺されていた。やがてそれが自分を標的にした殺人計画だと気付く。...

作品データ

原題 Popcorn
製作年 1991年
製作国 アメリカ・ジャマイカ合作
配給 アスミック

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi