「現実と夢の対比」僕の村は戦場だった laikaさんの映画レビュー(感想・評価)

メニュー

僕の村は戦場だった

劇場公開日 1963年8月23日
全2件中、1件目を表示
  •  
映画レビューを書く

現実と夢の対比

難解といわれるタルコフスキーだけれど、この作品は分りやすく描かれている。

戦争という過酷かつ残酷な環境化で復讐に燃える少年、イワン。

イワンが見る夢や回想のシーンは、海や雨など水を使った詩情豊かな美しい映像で、きらきらとした生命の喜びと幸福に満ちている。
それと対比して、現実は残酷で怒りと死の恐怖に支配されている。

単なる戦争映画とは違い、詩的な映像を随所に挿入することで、イワンの心情に入り込むような感覚があった。

laika
さん / 2017年2月22日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi