ボギー!俺も男だ
ホーム > 作品情報 > 映画「ボギー!俺も男だ」
メニュー

ボギー!俺も男だ

劇場公開日

解説

若手喜劇人の代表ウッディ・アレンのヒット舞台劇の映画化。ボガードの代表作「カサブランカ」のパロディーで、原題のPlay it Again Samは、ボガードが昔の恋人バーグマンをなつかしんで、黒人のピアノ弾きサムに思い出の曲を頼む時のセリフから引用したもの。製作はアーサー・P・ジェイコブス、監督はハーバート・ロス、脚本はウッデイ・アレン、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はビリー・ゴールデンバーグ、編集はマリオン・ロスマンが各々担当。出演はウッディ・アレン、ダイアン・キートン、トニー・ロバーツ、ジェリー・レイシー、スーザン・アンスパック、ジェニファー・ソールト、ジョイ・バングなど。

ストーリー

ハンフリー・ボガードにとりつかれている映画批評家のアレン(ウディ・アレン)は、この日も名作「カサブランカ」を心ゆくまで楽しんでいた。映画が終わり誰もいなくなった客席で唯ひとりアランはポカンと口をあけて夢想にふけっている。すでに彼の妻ナンシー(スーザン・アンスパック)は、この日日の有り様に慰謝料までもかなぐりすてて彼のもとを去って行った。嘆きのアランを慰めてくれるのは「カサブランカ」の主人公ボガードだった。友人ディック(トニー・ロバーツ)とその女房リンダ(ダイアン・キートン)は彼のために女友達を紹介してくれるが、オドオドした不器用ぶりには誰とて進展しない。リンダはアランを優しく慰めるうちに次第に感情の高まりを覚えるようになる。しかも幻のボガードがここでも出没し、彼を扇動するから始末が悪い。“何といってもリンダは親友の女房なんだ”。アランは罪の意識に襲われてくる。次第にディックも、リンダとの結婚生活が壊れていくのを感じるようになるが、その張本人のアランを疑おうともしない。ディックはひとりやるせない気持ちで仕事のために空港へと向かう。突然リンダは自分が本当に必要としているのはディックであることに気づく。アランにしてみれは2人の間に立ちはだかることはできない。空港に向かうリンダに追いついたアランは、ディックと一緒に行くように勧める。彼のやさしさに、まだ気持ちのゆらぐリンダはうしろ髪をひかれる思いでディックと去って行く。残されたアランの肩にやさしくボガードが手をおく。「お前はもう俺がいなくてもやっていけるぜ」。名作「カサブランカ」のラスト・シーンと同じ、夜霧に包まれた空港で、アランはカッコよく消えて行くのだった。...

作品データ

原題 Play it Again, Sam
製作年 1972年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント=CIC

提供:株式会社キネマ旬報社

DVD・ブルーレイ

ボギー!俺も男だ[DVD] ウッディ・アレンのザ・フロント[DVD]
ボギー!俺も男だ[DVD] ウッディ・アレンのザ・フロント[DVD]
発売日:2015年7月8日 最安価格: ¥815 発売日:2014年11月26日 最安価格: ¥1,221
Powered by 価格.com

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ボギー!俺も男だ ボギー!俺も男だ(字幕版)
ボギー!俺も男だ ボギー!俺も男だ(字幕版)
2016年8月13日 2014年2月24日
¥500 ¥300
ビデオマーケット Google Play
※プレミアムコースの場合
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi