ポエティック・ジャスティス 愛するということ
ホーム > 作品情報 > 映画「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」
メニュー

ポエティック・ジャスティス 愛するということ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

詩作の好きな若い女性が、過酷な環境の中で、愛することの素晴らしさを知る姿を描いたラブ・ストーリー。シンガー、ジャネット・ジャクソンの映画初主演作。監督・製作・脚本は「ボーイズ'ン・ザ・フッド」のジョン・シングルトン。共同製作は、同作のスティーヴ・ニコライデス。撮影は「プロブレム・チャイルド うわさの問題児」のピーター・リヨンズ・コリスター。音楽は「ボーイズ'ン・ザ・フッド」のスタンリー・クラークで、ジャネットをはじめブラックミュージックのアーティストたちの曲を挿入歌として使用。共演は「ジュース」のトゥーパック・シャクール、「ボーイズ'ン・ザ・フッド」のレジーナ・キングほか。

ストーリー

LAのサウスセントラル。マーケル(Q・ティップ)は、恋人の美容師ジャスティス(ジャネット・ジャクソン)とデートのさなか、抗争相手の若者に射殺された。幼い頃から孤独だったジャスティスは、いつしか詩作に喜びを見出していた。親友のイーシャ(レジーナ・キング)は、沈むジャスティスを励まそうとする。ある日、ジャスティスはオークランドで開かれるヘアデザイン・ショーに出場することになり、イーシャとそのボーイフレンドのシカゴ(ジョー・トーリー)、そしてシカゴの友人で彼女に好意を寄せるラッキー(トゥーパック・シャクール)と共に旅立った。ジャスティスはラッキーを敬遠していたが、旅の空の下、2人は次第に打ち解けていく。一行は、ジョンソン・ファミリーという血族のパーティに出くわし、若い母親と赤ん坊の温もりあふれる様子を見て感動する。そんな時、ジョンソン一族の若者に媚びを売るイーシャにシカゴの怒りが爆発。3人は、激しい暴力を振るう彼を残したまま出発せざるを得なかった。親友たちの破局は、逆にラッキーとジャスティスの距離を近づけた。旅も終わりに近づき、自分のありのままをラッキーに語るジャスティスはもう、他人に対して心の垣根を築いていた以前の彼女ではなかった。2人は初めて口づけを交わす。目的地のオークランドに着くや否や、ラッキーは仲のいい徒兄弟の死を目のあたりにする。ジャスティスは、落ち込むラッキーをなぐさめようとするが、口論になる。サウス・セントラルの美容室。ラッキーが娘を連れてやってくる。ジャスティスとラッキーはほほえみ合い、口づけを交わすのだった。...

作品データ

原題 Poetic Justice
製作年 1993年
製作国 アメリカ
配給 コロンビア トライスター映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第66回 アカデミー賞(1994年)

ノミネート
主題歌賞 “Again”

第51回 ゴールデングローブ賞(1994年)

ノミネート
最優秀主題歌賞 “Again”

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ポエティック・ジャスティス 愛するということ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi