冒険者(1970)
ホーム > 作品情報 > 映画「冒険者(1970)」
メニュー

冒険者(1970)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

戦争の悪夢からさめた1950年代のヨーロッパを舞台として、情熱的に生きたひとりの男を中心に描いたハロルド・ロビンスの同名モデル小説の映画化。製作・監督は「007は二度死ぬ」のルイス・ギルバート。脚色はマイケル・ヘイスティングとルイス・ギルバートの共作。撮影は「バーバレラ」のクロード・ルノワール、音楽はボサノバの王様アントニオ・カルロス・ジョビン、カメラマンはジョン・ハリス、美術はジョン・ホースリーが担当。出演は「ジプシーの唄をきいた」のベキム・フェーミュ、「パリのめぐり逢い」のキャンディス・バーゲン、「ワイルドバンチ」のアーネスト・ボーグナイン、「ミニミニ大作戦」のロッサノ・ブラッツィ、「ラムール」のシャルル・アズナブール、「みじかくも美しく燃え」のトミー・ベルグレン、「野性の眼」のデリア・ボッカルド、「ふるえて眠れ」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、「悪女のたわむれ」のリー・テイラー、アラン・バデルなど。テクニカラー・パナビジョン。1970年作品。

ストーリー

権力と貧困が激突し、革命がたえまなくくりかえされている中南米に、ひとりのケタはずれの男が現れた。情熱的で獣性をひめたその男の名はダックス・ゼノス(ベキム・フェーミュ)といった。彼は10歳にもならぬ頃、故国コルテガイの革命さわぎで、政府軍兵士たちに母と姉を虐殺され、自らも“禿たか”のロホ(アラン・バデル)や父がひきいるゲリラの血みどろな政府転覆劇の目撃者になった。そして、この騒ぎの中で生涯の友“でぶ猫”(アーネスト・ボーグナイン)とダックスへの恋の情熱に燃えたロホの娘アンパロ(リー・テイラー・ヤング)と知りあった。やがて革命は成功し、ロホはコルテガイの大統領になり、ダックスはイタリア大使に就任した父と部下の“でぶ猫”とともにローマに向かった。ハイメは、まずダックスを、世界的な銀行家デ・コイネ男爵(ロッサノ・ブラッツィ)の息子ロバート(C・ロバーツ)の学ぶ特権階級の学校に入れた。そこで彼はたちまちリーダーとなってしまった。24歳になったダックスは、親友のロバートやセルゲイとともに社交界を征服、彼らのまわりには女たちがむらがってきた。しかし、そんなある日、父親ハイメが暗殺されたため、ダックスは急きょ故国へ戻った。コルテガイは今や、ロホの独裁政治に国民が反旗をひるがえそうという気配があった。しかし、彼は再度故国を離れ、ローマへ舞い戻った。ローマでしばらく気ままな生活を送った後、ダックスは巨万の富を相続するスー・アン(キャンディス・バーゲン)と結婚したが、長続きはしなかった。彼女は離婚後、世界的なドレスメーカーとして成功していたセルゲイと再婚、ダックスは独身時代に戻り甘い生活にひたっていた。かつての父親の友人マルセル(シャルル・アズナブール)も、いまや大船船主になっていた。一方、コルテガイでは、新しいゲリラのリーダー、エル・ロボがロホ大統領へ反旗をひるがえしていた。ダックスはロホとマルセルの裏切りを察知し、エル・ロボ側についた。ダックスからの情報を得たエル・ロボは、一挙にロホを打倒した。コルテガイに新しい自由が訪れ、その勝利の輝きの中で、ダックスは昔の恋人アンパロと再会した。しかし平和は長く続かず、コルテガイはエル・ロボの独裁政治の暗雲がたれこみ始め、その中でダックスは暗殺されてしまった。(パラマウント配給*2時間47分)...

作品データ

原題 The Adventurers
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 パラマウント

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi