法王さまご用心!
ホーム > 作品情報 > 映画「法王さまご用心!」
メニュー

法王さまご用心!

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ちょっとしたミスで法王になってしまったお人よしの司祭が、教会の腐敗を暴いて活躍するコメディ。監督・脚本はピーター・リチャードソン、製作はスティーブン・ウーリー、エグゼクティヴ・プロデューサーはニック・パウエルとマイケル・ホワイト、撮影はフランク・ジェル、音楽はアン・ダッドリーとジェフ・ベックが担当。

ストーリー

法王が死に、バチカン教会の財政係ロッコ(アレックス・ロッコ)は、バチカン銀行と癒着し武器商人コレッリ(ハーバート・ロム)と手を組んで、新法王を仕立てあげようとする。ところが、ちょっとしたミスから孤児院の司祭アルビニーツィ(ロビー・コルトレーン)が法王になってしまう。アルビニーツィは、帳簿を調べてロッコの武器取引を発見、彼をクビにする。一方、アルビニーツィのかつての恋人ヴェロニカ(ビヴァリー・ダンジェロ)の息子ジョーがコレッリに殺され、怒ったアルビニーツィはバチカン銀行を閉鎖する。ところが、ロッコがジョーのことを隠し子としてすっぱ抜き、アルビニーツィは法王をクビになって街をさまよう。コレッリが新法王になりすまして戴冠式を行おうとするところへアルビニーツィが乱入して阻止し、コレッリは落ちてきた天井の下敷きになって死ぬ。アルビニーツィはヴェロニカと結婚し、田舎で孤児院を始めるのだった。...

作品データ

原題 The Pope Must Die
製作年 1990年
製作国 イギリス
配給 ロサ映画社

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi