ベン・ハー(1959)のレビュー・感想・評価

ベン・ハー(1959)

劇場公開日 1960年
16件を表示 映画レビューを書く

歴史 戦車 赦し

お前も被害者だ

4時間近い超大作。
しかし全く退屈しないストーリー。起伏に富んでおり、先が読めず、感動できる歴史物語。

特に有名なレースシーン、海上での戦闘は迫力抜群。CGではないリアルな描写であり、俳優が実際に汗を流した映像から目が離せなくなる。

キリストの半生もしばしばストーリーと絡み、歴史的に学べるところも多い。最後の奇跡は、正直必要無いと思うが…。
ありふれたテーマではあるものの、復讐ではなく赦すこと。キリスト教で説かれている事と思うが、それがこの映画の核だ。敵も最初から敵なわけではない。周囲の環境がそうさせるのであり、憎むべきは社会だと。

2017年版が日本で上映しないのは残念。

awahira
awahiraさん / 2017年6月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

凄すぎる・・・

本当にこれが1959年に作られた映画なのか!?

前回観た、新しいベン・ハーが滑稽に感じる程素晴らしい!

CGどころか、まだ映像技術も発達してない時代に、何故これ程のスケールの大きな映画が出来たのか!?

と、すると、現代の技術とは何なのか!

ただのうわべだけの迫力を出す小細工にしか思えない・・・

この映画には魂がある!

現代の映画関係者は、この映画を観てもう一度、映画と言うものの素晴らしさ、真髄を思い出して欲しい。

REpower
REpowerさん / 2017年6月7日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  幸せ 興奮 知的
  • 鑑賞方法:VOD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

戦車レースのシーンだけでも名作

小学校の時に学校から見に行き、70ミリの巨大スクリーンに圧倒された。
チャールトン・ヘストンとスティーブン・ボイドが忘れられない俳優となった。
4時間弱という長尺を、よくぞ見ることが出来たものだと思う。
「死病」という字幕はこれまでに変えられてきたと思う。
CGのない時代、よくぞこれだけの映画を作ったものだと感心してしまう。
ミクロス・ローザの音楽はサントラ盤を買ったと思う。
何回見ても面白く、興奮する。

いやよセブン
いやよセブンさん / 2017年2月19日 / PCから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  悲しい 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

私は無神論者です。世の中を混乱や争いに導いている神を多く見ているよ...

私は無神論者です。世の中を混乱や争いに導いている神を多く見ているような気がするから。

この歴史的大作、結局はイエス様万歳とだけ捉えられてしまうのかとしたら…それは少し残念な気持ちです。
映画の楽しみ方は人それぞれなので、もちろん批判をするつもりはありません。が、この作品の素晴らしさはもっと他にもたくさんあると思えるので。
圧倒的スケール、その荘厳さ、華麗さ。今から60年ほども昔によくもまあこんな作品が…それこそが神がかりです。

人生で一度は見るべき名作です。
現在公開中のリメイク版、さあこれを超えられるのか?

はむひろみ
はむひろみさん / 2017年1月21日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

主役はキリスト ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

長編なので、なかなか腰を据えて鑑賞する機会がありませんでしたが、ようやく。

まず驚いたのが、映像がとても色鮮やかなこと。美術セットや小道具は、いかにもチープな所がありましたが、色使いがセンス良くて上手いと思いました。そして白馬達の美しいこと!人懐っこくて良く調教されていました。

Judah Ben-Hurが主役の物語部分は、素晴らしかったです。映像の配色だけでなく、内容が現在でも全く色褪せていません。あまりにトントン拍子な出世でしたが、映画史に残る傑作と呼ばれることに納得しました。

よく分からなかったのは奴隷の描き方。時代は違いますが、例えば"Agora"では、奴隷と自由人との差が明確でした。こちらでは、囚人の扱いは最悪として、奴隷と使用人・家政婦の差があるのか、所有者の判断によっては養子にもなり得てしまうのか、奴隷と自由人の生活に、そこまで高い垣根はないように見えました。

映画はChristの誕生から始まり、磔と復活寸前?で終わっています。正直私はBen-Hur冒険人生の部分だけが好きです。でもこの作品全体の主役は、副題通りChristなんですね。Ben-Hurの波瀾万丈な物語でChristとの接点はわずかですが、スクリーンに登場していなくても、イエス様は全部見てましたよ、ということなんでしょうね。

Ben-Hurが復讐の鬼と化すのを防ぐのは、レースの勝利により成功した敵討ちでも、女性の愛でもなく、Christの慈悲でした。汝の敵を愛せ、愛は憎しみに勝つと言うChrist。一方、ローマ人としての義父となるArriusは、戦艦内で "Hate keeps a man alive. It gives him strength."と、憎悪こそエネルギー源だと語っています。終盤、Ben-HurはArriusの指輪を手放して、Christを崇めるようになっていきます。こんな辛い目にあった人もChristにより正しい道へ諭されるというのがテーマなんだと思いました。ハンセン病が治癒する奇跡のハッピーエンドも、全てChristのお陰という訳です。

Christ役の人はクレジットされず、顔も声もないので、信者達のイメージを壊すことがなく、キリスト教圏には受け入れられやすかったのでしょう。詳細に描いたMel Gibsonの "The Passion of the Christ" の方はめちゃくちゃ物議を醸しましたね。

everglaze
everglazeさん / 2016年11月26日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

●集中力続かず。

長い。なんだろ。可もなく不可もなく。
帝政ローマとユダヤ人。
裏切りとどん底と。
そしてそこから這い上がる。
最後は救世主、キリストとダブる。

この時代にあれだけの壮大なセットとは圧巻だし、
歴史的な背景を理解してると、も少しグッとくるのだろうけれど。

うり坊033
うり坊033さん / 2016年5月15日 / PCから投稿
  • 評価: 2.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

圧巻のサーキットとユダヤの視点

ガレー船の艦隊決戦や船底での奴隷の漕ぎ手たち。そして何よりも、四頭立て戦車の壮絶な映像が圧巻。一部にはめ込み合成を用いているものの、本物の戦車をいくつもサーキット上を走らせている。一台、また一台と落伍し、落車した乗り手には恐ろしい危険が待っている。現在のような特殊効果やCGの無い時代によく映像化する気になったと思う。その意志と技術力は素晴らしい。
このサーキットのシークエンスが、「スターウォーズ エピソードⅠ」のポッドレースの元ネタであることは明らか。ジ(ェ)ダイの活躍するジダイ劇を撮ったジョージ・ルーカスが、西洋人にとってのポピュラーな時代劇であるローマ時代の作品を観ていない訳がない。
そもそも、共和国議会議長パルパティーンが巧みな計略によって銀河第一帝国初代皇帝となるスターウォーズの筋書きは、カエサルの養子ではあっても無名だった青年オクタヴィアヌスが、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスとなる歴史をなぞっているのだから。
キリストの誕生と処刑というプロローグとエピローグを持つこの作品は、もちろん東欧系ユダヤ人が支配するハリウッドの大作である。彼らの市場におけるマジョリティーであるキリスト教徒に対するサービスとしてのこの伏線は、主人公もその一人であるユダヤ教徒の冷めた視点から描かれている。
キリストの容貌と声は観客には分からないし、その「ありがたい」という話の具体的な内容にも触れられることはない。映画に出てくるキリストがやったことは、砂漠を護送中の囚人に水を差し出す慈悲の行為と、死に際に嵐を巻き起こして伝染病を消滅させるという奇蹟だけなのだ。
ここでは、極めてカリスマ性の強いユダヤ教のラビとしてキリストは描かれおり、処刑の理由すらもはっきりとは語られない。こうして、なんだかよく分からない人キリストや彼の信奉者がユダヤ人/教徒であったことをしっかりと示している。
このようにキリストと神の関係への言及を注意深く避けている繊細さを持ちながら、アラブという概念への言及は迂闊に思える。紀元1世紀の物語でありながら、「アラブ」人がユダヤ人と共にローマ帝国による支配への抵抗を叫ぶシーンに唖然とした。地理的・歴史的考証を一切欠いた、極めて大雑把なオリエンタリズムの視点が露出した瞬間に思えた。

よしただ
よしたださん / 2015年6月24日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

ラストが… ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

どうなるんだろう!?で最後まで集中力がきれることなく見ることができるのは、さすが名作…という感じでした

音楽もよかった。
それに当時今のようなCGもなく、壮大なセットや撮影ができたことがすごい
特に奴隷船のシーンは奇跡と偶然が重なり主人公は奴隷から抜け出せるのに、
まだ残りの奴隷達は暗い船底で漕ぎ続ける…というシーンが印象的だった。

主人公の数奇な運命は大変面白かったのですが、最後は、え!?一体なんだったんだろう…?と呆気にとられる
何とも言えない後味の映画。

キリストあっての映画だということはわかるんだけど、
別にキリストいなくても十分おもしろかったのに。
逆にリアリティーがなくなったなあ~と感じてしまった。
でもキリストのシーンは神秘的でとてもよかったんですけどね。

とば
とばさん / 2015年6月15日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  泣ける
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

"魅せる"スペクタクル大作!

当時の歴史的背景を把握しておかないと楽しめないのは確かです(その点、高校の世界史が役に立ちました)が、この『ベン・ハー』は、一つのスペクタクル・エンターテイメントとしての完成度が非常に高い"傑作"だと思います。考えられるでしょうか?豪華セットの数々、大大大人数のエキストラなど、合わせて1,500万ドルという巨額な製作費を一作に投じるなんて!今ではCGですよ…監督は、『ローマの休日』で知られるウィリアム・ワイラー。主演はチャールトン・へストン。
これだけだと、ただお金にものを言わせて作った無駄に長い史劇だと思われても仕方ないでしょう。なぜ、"傑作"なのか。その理由は壮大なストーリー(脚本)にあります。主人公ジュダ・ベン・ハーの数奇な人生、すなわち愛する家族を失う悲しみ、旧友とのすれ違い、裏切り、追放先での様々な出会い…挙げたらキリがありません。"見せる"だけでなく、"魅せる"演出の数々が、本作を歴史に残る"傑作"にしたのです。

ハットコック
ハットコックさん / 2015年5月24日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

馴染み深き名作

わざわざ説明する必要もナシ。
ハリウッド史劇スペクタクルの代名詞の一つで、アカデミー賞最多11部門受賞作。
旧友の裏切りで奴隷となった男の復讐を描いた、「グラディエーター」の原点。

個人的にこの作品には愛着ある理由が二つある。
まず一つは、中学生時代に授業で見た事があるから。
中学生の頃なんてまだ大して洋画など見ておらず、それこそゴジラやドラえもんやドラゴンボールの映画を楽しんでいた。
そんな時に「ベン・ハー」だなんて今思うと敷居が高いような気もするが、これがなかなか抵抗なく見れた。
軍艦同士がぶつかり、船底で奴隷たちが血まみれになるシーンなんてドキリとしたし、本作最大の見せ場、闘技場での戦車競争シーンはハラハラドキドキ。この戦車競争シーンは今見ても全く褪せる事無く、「七人の侍」の雨の中のクライマックス合戦シーン同様、二度と真似出来ない名シーン。
なので、今でもハリウッド往年の名作と言うと本作が真っ先に思い浮かぶ。

以来何度か見ているが、今回実に久々に鑑賞。10年振りくらい?以上?
改めて感じたのは、こんなに宗教色が濃かったかなと。ベン・ハーの波乱万丈の人生と共にキリストの生涯も並行して描かれ、常に信仰心がある。
別にそれが悪いという訳でもなく、実は愛着ある理由の二つ目である。
昔通っていた幼稚園に教会があり、キリストの物語を習っていた事がある。
ここで断っておきたいのは、だからといって自分はクリスチャンなどではなく、単に馴染みがあるという理由だけである。馬小屋で生まれ、磔にされた後に復活したのを物語の一つとして面白く聞いていた。

さて、この宗教色の濃さは人によって好き嫌いが分かれる所だが、これが本作最大のテーマ。
憎悪や復讐などの淀んだ心が清められる。
信じる者は救われる。
奇跡。
赦し。
慈愛。
ベン・ハーが砂漠で喉を涸らしてた時、キリストが水を与えるシーンは個人的に最も好きなシーン。

3時間半の長尺で語るに相応しい一大巨編。
名作はいつ見ても見応えある。

一度でいいから劇場大スクリーンで見てみたい!

近大
近大さん / 2014年12月16日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 5.0
  • 印象:  泣ける 興奮 知的
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

壮大な物語

スペクタクルとはこういうものか!と思ってしまうような作品。

4時間近くあり、敬遠していたのですが
いざ鑑賞してみると、グイグイ作品に引き込まれ
すんなり観れてしまいました。

しまうま
しまうまさん / 2014年12月14日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

スペクタクル映画のはしりかなあ

3度以上見た気がする。以前から実写でのセットが壮大なことまた戦闘馬車の競争シーンが話題であったような気がする。同じチャールトン・へストンの主演のキリスト教映画では十戒の方がよりダイナミックな感じがあり個人的に好きである。

ヤマザマン
ヤマザマンさん / 2014年2月2日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  単純 知的 寝られる
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

流石の名作

さすがに古い作品ですので現代の視点からすれば、冗長だったりアラが目立つ場面も見受けられます。
その一方、最近の作品にありがちな強引にスリリングな展開にするような演出もなく、かえって新鮮に観れました。
たとえば、戦車競技の場面ですが、最近の映画に多い演出だと、こういったレース物ではゴールラインを割るギリギリまで決着がつかないことが多く、最後の最後まで緊張を強いられるものですが、これは裏を返せば盛り上がる場面が決まっているということで、いつ決着が付くのかわからないといったタイプのスリリングさは味わえません。
その点、ベン・ハーではゴールラインまで結構な距離がある時点でライバルが脱落したりと、最近では珍しくなった演出で、却って面白かったです。

ブレイブ
ブレイブさん / 2013年11月6日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮 知的
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

新・午前10時の映画祭

この映画を劇場で観たのは今回が初めて。それも、新・午前10時の映画祭というイベントのおかげ。まずは感謝。
制作年からしても解る通り、CGなどあるはずもなくすべて手作り。エキストラだけでもおそらく数千人単位でしょう。コロシアムでの戦闘シーンでも最近のカーアクションほどの迫力はないとしても、1959年作ですよ、よく撮ってるなぁ~と感心することしきり。ストーリーも確りしていて、後半でのキリストに感動です。チャンスがあればぜひ、映画館で見てほしい作品です。

ブーさん
ブーさんさん / 2013年7月25日 / PCから投稿
  • 評価: 4.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:映画館
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

一大スペクタクルと十字架の贖罪

これはお金を払って見てもなんら後悔のない面白い映画です

またキリストをたまに登場させ、ラスト重要な贖罪があります

ストーリー、面白さ、感動、涙
なんら文句のつけようがない一品でおすすめします

猫にゃんこ
猫にゃんこさん / 2013年6月1日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 4.0
  • 印象:  泣ける 楽しい 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

アカデミー賞11部門獲得の映画史に残る傑作だそうです ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

総合50点 ( ストーリー:30点|キャスト:65点|演出:65点|ビジュアル:75点|音楽:65点 )

 言わずと知れたアカデミー賞史上最多11部門に輝く映画史に残る大傑作なんだそうです。これだけキリスト教の素晴らしさについて描いているのに、アメリカだけでなく不思議なことに日本でも高く評価されているようだ。
 だが私は好きではない。若いころに見てつまらなかったと思ったが、それからずいぶんと時がたって見直してみてもやはり好きにれなかった。

 何かと宗教が絡んできて物語の底流にはキリスト教の教えがつきまとう。19世紀のアメリカ文学が原作だが敬虔深い人によって書かれたのだろう。苦難に直面するベンハーが生き延びるのも神の意志のようだし、疫病の家族は元気そうに生きているし特に見た目がむごいこともなく、結末のお目出度さにいたってはまるで聖書でも読んでいるかのようで呆れ返った。キリスト教徒の少ない日本でもこれが高い評価を得ているというのが意外である。
 無罪なのに罪を問われるという物語の構成は中盤までは「岩窟王」と似たようなものだが、3年間もガレー船の地下で過ごした辛酸などもあまりにあっさりと描かれていて、苦労の様子や心に燃え滾る復讐心や執念も伝わってこない。奇跡が起きて問題が解決するのならば人間は苦労などする必要がないし、敬虔深さからは程遠い私はこんな安直な物語は嫌いである。超自然な力で人々が救われるのではなくて、人間としての生き様を最後まで見せてほしいものだ。

 古い映画だからすべて実写なのはいいのだが、セットは作り物感があるものもある。馬車競技やたくさんの人々が登場する場面などに観るべき点もあるが、映像だけならば他にもすごいものはある。映像に引き付けられるというほどでもなかった。

Cape God
Cape Godさん / 2013年4月10日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:TV地上波、CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

16件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi