ベルリン特急
ホーム > 作品情報 > 映画「ベルリン特急」
メニュー

ベルリン特急

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ドア・シアリー(「戦場」)の指揮により、カート・シオドマクの原案をハロルド・メドフォードが脚色し、「恐ろしき結婚」のジャック・ターナー(トールヌール)が監督した1948年度映画で、製作はバート・グラネット。「謎の下宿人」のルシアン・バラットが撮影、「追求」のフレデリック・ホランダーが音楽を担当している。「嵐ケ丘」のマール・オベロン、「罠(1949)」のロバート・ライアン、「誤解」のチャールズ・コーヴィン、「ラインの監視」のポール・ルーカスが共演する。

ストーリー

パリからベルリンに直行する特急「マイン・ザイネル」には、アメリカ人技師リンドレイ(ロバート・ライアン)以下の各国人が乗り合わせていた。列車はザルツブルグで突然急停車し、乗客の独逸人が殺害された。彼は連合国の要人ベルンハルト博士(ポール・ルーカス)の替玉であった。この事件を重視したフランクフルトの米軍では早速乗客調査を開始したが、この町でベルンハルト博士は行方不明になってしまった。秘書のリュシエーヌ(マール・オベロン)らの働きにより、リンドレイは博士が独逸国家主義達によってカフェの酒庫に軟禁されていることをつきとめ、米軍の一斉包囲によって博士を救出し、一味を絶滅した。再び列車はベルリンに向かったが、車中リンドレイはふと怪しい男がベルンハルト博士を刺そうとしているのをみつけた。素早い彼の一発で怪人は倒れ、博士は事なきを得たが犯人は同客のペロ(チャールズ・コーヴィン)という自称フランス人、実は国家主義陰謀団に加わるドイツ人なのであった。ベルリンの廃趾に立った乗客達は、全独統一の願いを胸にひめて、おのおの任務に散って行った。...

作品データ

原題 Berlin Express
製作年 1948年
製作国 アメリカ
配給 セントラル

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi