ベルリン忠臣蔵
ホーム > 作品情報 > 映画「ベルリン忠臣蔵」
メニュー

ベルリン忠臣蔵

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

赤穂浪士が西ドイツを猛襲する、というSF仕立ての作品。製作はミハイル・ビトゥン、監督・脚本はハンス・クリストフ・ブルーメンベルグ、共同脚本はキャロル・H・スターンとフレデリック・スピンデイル、撮影はヴォルフガング・ディックマン、音楽はヒューベルト・バルトローメ、編集はM・バリウスが担当。出演はコーネリア・フロベスほか。

ストーリー

黒装束に“大石”の文字を染め抜いた鉢巻きで、ハンブルグの街に夜な夜な現われては経済界の大物や有力政治家のもとに忍び入って、彼等を不安に陥れる者がいた。目当ては無論、金ではない。参上した証拠に謎の文字--“矢頭”“寺坂”“赤垣”etc--がその都度書き残され、遂に街はこの落書きだらけになってしまう。警察は犯行を“ジャパン・バンデ”の仕業と断定。それとは別に、この不可解な事件を追う女性レポーター(コーネリア・フロベス)がいた。一方、警戒堅固な古城に住む有力者の大元締めは、身の危険を感じて逆に刺客として“見えざる者”、即ち忍者を雇ってこの正体不明の敵にさし向けた……。...

作品データ

原題 Der Summer des Samurai
製作年 1985年
製作国 西ドイツ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi