ペイルライダーのレビュー・感想・評価

メニュー

ペイルライダー

劇場公開日 1985年9月21日
6件を表示 映画レビューを書く

スピリチュアル西部劇 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

村娘の祈りの直後、灰色の馬に乗ってどこからともなく現れた神父。
地獄から来た正義の死神?って感じでした。ケリをつけに生き返ってあの場所にやって来たのでしょうかねぇ。不思議なパワーを持つミステリアスなガンマンでした。

西部劇は勧善懲悪に限ります(´∀`)。たまに当たってしまう、悪事の限りを男のロマンとするような作品ではないのでホッとしました。

戦闘能力と神父の服装で村人の信頼を獲得し、甘いマスクで母娘のハートを盗む(^_^;)。あんなに渋くて格好良い神父兼ガンマンがいつまでも町にいたら、女性達の心は乱れ、Barretも他の男性陣も、おちおちしていられません(^^)。

"How much is it worth to have a clear conscience?"

"We owe ourselves more. If we sell out now, what price do we put on our dignity next time?"

everglaze
everglazeさん / 2017年9月17日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

不自然なシーンが多すぎ ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

ガンマンが活躍する西部劇です。 有りがちな凡作です。 斬新さも独創性も頭脳戦も何もなく、 ただ [銃の扱いがうまい人が活躍する話] です。 西部劇が好きな人には楽しめるのでしょうが、 私には無理でした。

西部劇をみていて いつも思うのは、 そのルールが理解できないことです。 保安官は存在するものの、 腐敗していて、 悪党に買収されています。 当然、 悪党は、 暴行、 器物破損、 レイプ、 など好き放題です。 その為、 完全な治外法権に見えますが、 なぜか殺人だけは恐れます。 この基準が理解できません。 そのため、 みていても理解不能です。

また、 理解できないシーンも多かったです。 主人公が窓に背を向けて座っていたので、 悪党たちが一斉に店に入って銃を乱射しました。 しかし、 なぜか主人公は座っていません。 別の場所から現れて反撃します。 窓のシーンから、 悪党が入るシーンまで、 長くても 0.1 秒です。 その間に瞬間移動したのでしょうか? このような不自然なシーンが多すぎて、 視聴者は不満や疑問をつのらせます。

Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要です
Check-inや、レビュー投稿には、ニックネームが必要ですさん / 2017年8月11日 / PCから投稿
  • 評価: 2.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:-
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

真冬のイーストウッド

颯爽と現れるイーストウッドは相変わらず格好良いのですが、本作で感じた違和感は、その季節。「ドル箱3部作」のような、いわゆる王道のカラッとした雰囲気とは打って変わり、なぜ冬だったのでしょうか?
タイトルの「ペイルライダー」は、『ヨハネの黙示録』に登場する第四の騎士のことらしく、青白い馬に乗り死を司るとされています。
なるほど、だから牧師として登場したわけです。だから青白い馬に乗っていたのです。だから冬だったのです。だからあのラストだったのです。
今までのイメージが覆された作品でした。

ハットコック
ハットコックさん / 2014年11月9日 / iPhoneアプリから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  難しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

「シェーン」もどき

総合60点 ( ストーリー:55点|キャスト:70点|演出:70点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 無法者の権力者がいて、困っている金採掘をしている集落があって、そこに凄腕の男が現れて戦うという、あれふれた定番の西部劇で、「シェーン」にも似ていて新鮮味はあまりない。どうにもわからないのはイーストウッド演じる牧師は何故彼らを助けたのかということ。「シェーン」では家族への親愛というか愛情が動機として感じられたが、この作品では何がきっかけで彼は関係のない集落のためにここまでするのかがわからないままに話が進むのはどうにもすっきりしない。しかし金採掘の集落の暮らしの描写が視られたのは良かったし、登場人物と演出は悪くなかった。

Cape God
Cape Godさん / 2014年9月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

蒼ざめた馬に乗る者の名は「死」 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

少女が黙示録の一節を唱えた時、牧師の姿をしたイーストウッドが現れ、死神の如く悪党に天罰を下す!

本作は正統派ウエスタンと言われ、流れ者が困っている人たちを助け、町を去っていくというオーソドックスな展開ながら、実はかなりの異色作。

主人公はプリーチャー(牧師)と呼ばれ、名前も無く、背中には6発の銃弾の跡が。
更に、姿が見えたと思ったら次のカットではそこから消えているシーンが多い。
そして、村人を皆殺しにするために雇われた保安官ストックバーンが、牧師を見た時に「なぜ生きてるんだ!?」と顔を引きつらせ、背中の銃痕と同じ6発を食らい死んでいく...
主人公は人間なのか!?過去にどんな因縁があったのか!?明確な説明が無いところが神話チックで面白い。

ストーリーとラストが「シェーン」のパクリとも言われているけど、「シェーン」のオマージュであり、自作の「荒野のストレンジャー」のリメイクにも感じます。
こちらも、無法者たちに殺された保安官が、亡霊となって町に戻ってくる、異色系ウエスタンとしてオススメ!

たぁ〜ちぃん
たぁ〜ちぃんさん / 2014年2月6日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  単純 興奮
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 1 件)

あまりにも直球な西部劇

物事にはいわゆる鉄板、王道ってものがある。
この作品は西部劇のど真ん中、教科書。

かっこいいヒーロー。
どうしようもない悪(しかもローカル)。

どこぞの場末の定食屋で食べても「しょうが焼き」が不味くないように、この作品もしょうが焼き並みの西部劇。

始まりから終わりまで一本道。
まったく揺らぐことなく王道ど真ん中で突き進む。

現代にリメイクされた「3時10分、決断のとき」を観た後なんかにこれを観るといかにイーストウッドが西部劇イケメンなのかを思い知らされる。

ラストは少女がマジで「シェーン、カムバック」と言いそうでドキドキした(苦笑)

西部劇って、やっぱりカッコいいなあ。

マロピ
マロピさん / 2011年5月31日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

6件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi