ブロンテ姉妹のレビュー・感想・評価

メニュー

ブロンテ姉妹

劇場公開日 1988年2月6日
1件を表示 映画レビューを書く

アジャーニの年齢について

 イザベル・アジャーニがエミリ・ブロンテを演じる文芸作品。
 「王妃マルゴ」を観たときにも感じたが、アジャーニは文芸的な雰囲気に合わないと思う。クロード・ミレールやリュック・ベッソンの作品のイメージが強いからそのように感じるのかも知れないが、顔だちがあまりにも現代的に過ぎる。
 今さら気付いたこと。この作品の制作は1977年。当時22歳のアジャーニは1955年生まれ。1984年「サブウェイ」29歳。1994年「王妃マルゴ」39歳。そんな年齢だったなんて。ずっとハタチくらいのイメージを持っていた一観客の身勝手さよ。
 撮影が良かった。特に屋内では、暖炉の火や窓からの光、鏡を利用して、被写体の顔を自然に映し出している。

よしただ
よしたださん / 2015年3月27日 / PCから投稿
  • 評価: 1.0
  • 印象:  知的
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

1件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi