プロフェッショナルのレビュー・感想・評価

プロフェッショナル

劇場公開日 1966年12月17日
3件を表示 映画レビューを書く

渋い!

なんせ大人の役者がかっこいい

mamagamasako
mamagamasakoさん / 2016年2月5日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

話が逆転していくのは面白いけど、その良さを生かしきれてない

総合55点 ( ストーリー:55点|キャスト:65点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:65点 )

 西部劇だが、もう1915年と第一次世界大戦が始まっている時代を背景にしている。そのため比較的に安定しているアメリカから離れて、まだまだ治安の悪いメキシコまで出かける。

 たった四人の味方の攻撃がとても有効なのに対して、敵の攻撃が効果が薄くて殆ど当たらない。敵の親玉であるラザの正体がどんなやつかわからないままで物語が進み、彼の存在感がない。反面、さらわれた妻役のクラウディア・カルディナーレが、英語は下手だけど美貌と意思の強さで存在感を見せた。もっともその割には救出隊の言いなりになって一緒に逃亡するのはどうかと思う。
 途中からは追跡や戦いよりも過去に因縁がある人間関係の話になってくるのに、その関係についての言及と描写が薄かったために話があまり盛り上がらない。誘拐された妻を救出するという物語が二転三転するのは工夫が見られて面白かったが、展開にご都合主義があるしその良さを生かしきれていない。

Cape God
Cape Godさん / 2015年5月3日 / PCから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

10万ドルの価値のある女

クラウディアの美貌はすばらしくて、粗末なワンピースでも、スタイルで輝いていた。綺麗だった…革命に手を貸した過去のある男が、革命軍のリーダーと交わす会話が印象的。
「永遠なのは死だけだ」
「革命が完全でないと嫌なのか、おまえはロマンティストだな」そして、ラストの「純愛に弱かったらしい」へ

あんみつ
あんみつさん / 2012年9月24日 / フィーチャーフォンから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  楽しい
  • 鑑賞方法:CS/BS/ケーブル
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

3件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi