ブレージングサドル
ホーム > 作品情報 > 映画「ブレージングサドル」
メニュー

ブレージングサドル

劇場公開日

解説

町をのっとろうとした悪党一味と対決する正義の保安官の活躍を描いたずっこけパロディ西部劇。製作はマイケル・ハーツバーグ、監督は「ヤング・フランケンシュタイン」のメル・ブルックス、脚本はメル・ブルックス、ノーマン・スタインバーグ、アンドリュー・バーグマン、リチャード・プライヤー、アラン・ユーガーの共同、原案はアンドリュー・バーグマン、撮影はジョセフ・バイロック、音楽はジョン・モリス、編集はジョン・C・ハワードとダンフォード・B・グリーンが各々担当。出演はクリーボン・リトル、ジーン・ワイルダー、スリム・ピケンズ、デイヴィッド・ハドルストン、ライアム・ダン、アレックス・カラス、ジョン・ヒラーマン、ジョージ・ファース、クロード・E・スターレット Jr.、メル・ブルックス、ハーベイ・コーマン、マデリン・カーンなど。

ストーリー

バート(クリーボン・リトル)は逞ましい黒人奴隷の鉄道作業員だった。何かとトラブルを起こしては苦境をさまよい、今度もあやうく縛り首になるところだったが、リッジ・ロックの保安官になれば見逃してやろうということで九死に一生を得た。しかし、リッジ・ロックという町は、法律も秩序もない町で、その町の保安官になること自体、生命を捨てたも同じことだった。リッジ・ロックを支配しているのは知事のリプトマン(メル・ブルックス)で、彼が腹心のヘドリー・マラー(ハーベイ・コーマン)に命じてバートを保安官にさせたのだ。リプトマンの狙いは、無力な黒人保安官バートがますます町を不穏な状態に陥れ、その不穏におびえた住民たちが自ら土地を捨てて町を出ていくことにあった。そしてその土地を鉄道会社に売って儲けようと企んでいたのだ。一刻も早く町を混乱状態に陥れるために、リプトマンは秘かにタガート(スリム・ピケンズ)という無法者の首領を雇い、兇悪な一味を町に乱入させようとした。一方、バートはしょっちゅう監獄に出入りするジム(ジーン・ワイルダー)は仲よしになった。ジムはかつてはウェイコ・キッドと呼ばれていた二挺拳銃の名手だが、今は大酒呑みの呑んだくれとして町中の笑い者になっている男だ。そんな2人は意気投合して、タガートの一味と対決することになった。タガートの一味は、兇暴なモンゴ(アレックス・カラス)を始めいずれ劣らぬ悪漢揃い。その中にはドイツ生まれの妖艶な歌姫リリー・フォン・シュタップ(マデリーン・カーン)も加わっていた。リリーはその官能的な肉体でバートを誘惑しようとするのだが、もとよりそれに惑わされるようなバートではなかった。やがて町の人々もそんなバートに信頼を寄せるようになり、2人に協力してタガート一味と戦うことになった。ここに、珍無類の追いつ追われつの一大珍戦が展開する。派手なパイ投げ合戦があるかと思えば、どういうわけかターザンやチータ、踊り子のラインダンス、果てはアドルフ・ヒトラーまで賑々しく登場。ついに悪漢一味は総くずれとなりバートたちは勝利を収め、その責任を果たした。無法の町リッジ・ロックに平和が甦った。バートとジムは仲よく馬に乗って町を出た。その2人を待っていたのは何と1台の黒塗りの自動車。2人は馬から自動車に乗りかえると、夕陽の彼方に去っていった。...

作品データ

原題 Blazing Saddles
製作年 1974年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第47回 アカデミー賞(1975年)

ノミネート
助演女優賞 マデリーン・カーン
編集賞 ジョン・C・ハワード ダンフォード・B・グリーン
主題歌賞 “Blazing Saddles”

関連ニュース

関連ニュース

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ブレージング・サドル
ブレージング・サドル
2014年2月6日
¥300
Google Play

他のユーザーは「ブレージングサドル」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi