ブレインデッド
ホーム > 作品情報 > 映画「ブレインデッド」
メニュー

ブレインデッド

劇場公開日

解説

毒牙を持つ“ラットモンキー”のためにゾンビ化する人々の姿を描くスプラッタ・ホラー。監督は「ミート・ザ・フィーブル 怒りのヒポポタマス」のピーター・ジャクソン、製作はジム・ブース、スティーブン・シンクレアの原案をもとに、ジャクソン監督とシンクレア、フランシス・ウォルシュが共同で脚本を執筆。撮影はマレー・ミルネ、音楽はピーター・ダセントが担当。主演は舞台を中心に活動するティモシー・バルム、スペイン出身のダイアナ・ベニャルヴァール、ニュージーランドのヴェテラン人気女優エリザベス・ムーディ。

ストーリー

一九五七年、ニュージーランド。スマトラ群島の小島スカルに生息する毒牙の混血種“ラットモンキー”が、ウェリントン動物園にやって来た。雑貨屋のスペイン娘パキータ(ダイアナ・ベニャルヴァール)は、タロット占いの祖母が予言した“運命の恋人”ライオネル(ティモシー・バルム)を動物園に誘う。後をつけてきた彼の母ベラ(エリザベス・ムーディ)は、二人のキスを盗み見る際、ラットモンキーに噛まれてしまう。ベラの傷は悪化し、全身が腐り死を迎えたかに見えた。しかし彼女は蘇り、看護婦マクタヴィッシュ(ブレンダ・ケンドール)を噛み殺してしまう。ゾンビ化した二人をライオネルは地下室に軟禁する。母の葬式を終え、一安心と思いきや、再びベラは墓場で蘇り、不良青年とマクラダー神父(スチュアート・デヴァニー)が餌食となり、地下室の住人となる。そしてとんでもないことに、看護婦と神父の間にゾンビ・ベビー“セルウィン”まで誕生してしまった。一方、屋敷を狙うレス叔父さん(イアン・ワトキンス)が地下室の秘密を知り、屋敷を強引に譲り受け、大パーティーを催す。ゾンビたちの攻撃が始まり、パーティー客は続々と餌食となっていく。パキータとライオネルは叔父とともに交戦し、ゾンビたちを退治した。そして家を焼き捨てたライオネルは、恋人パキータを抱き寄せるのだった。...

作品データ

原題 Braindead
製作年 1992年
製作国 ニュージーランド
配給 松竹富士
上映時間 104分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
4.0 4.0 (全9件)
  • スプラッターホラーコメディ ホラー嫌いな友人に「マザコン男が母親から自立して彼女と上手く行くコメディ」と伝えて車に乗せてもらい、映画館へ。 開始5分、ラットモンキーに引っ掛かれた人の手が切断、続いて上腕、そして……顔にも... ...続きを読む

    うにたん♪ うにたん♪さん  2015年11月30日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • ママ、切り刻むほど、愛してる。 血みどろのゴア描写が満載のスプラッターコメディ。 日本のイラストレーター空山基による椅子に縛られたナース姿の女性が、醜い顔をした赤ちゃんを抱いている宣伝用ポスターが今も強烈な印象を残す。 ストー... ...続きを読む

    みつまる。 みつまる。さん  2015年9月3日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • スプラッターホラーがコメディを食べた。 言わずと知れた某有名監督の傑作(^_^;) 製作陣は、楽しんで作ったんでしょうねぇ。 画面から伝わる娯楽感、ホラー感、音楽も、どれもが最高です。 例えれば、スタジアムロックを作るのを疲れたから、... ...続きを読む

    Roywords Roywordsさん  2015年8月2日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

他のユーザーは「ブレインデッド」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi