プレイス・イン・ザ・ハート
ホーム > 作品情報 > 映画「プレイス・イン・ザ・ハート」
メニュー

プレイス・イン・ザ・ハート

劇場公開日

解説

夫を殺された妻が家族を守るためにひたむきに闘う姿を描く。製作はアーレン・ドノヴァン、監督・脚本は「クレイマー、クレイマー」のロバート・ベントン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・ハウスマン、撮影はネストール・アルメンドロス、編集はキャロル・リトルトン、音楽と作曲・編曲はジョン・カンダー、衣装はアン・ロス、プロダクション・デザイナーはジーン・キャラハンが担当。出演はサリー・フィールド、リンゼイ・クルーズなど。日本版字幕は戸田奈津子。カラー・ビスタサイズ。1984年作品。

ストーリー

1935年、テキサス州ワクサハチの朝。エドナ・スポルディング(サリー・フィールド)は、先ほど送り出した保安官の夫ロイス(レイ・ベイカー)が死体となって戻って来たのを知って、あまりのショックに口がきけなかった。銀行の預金残高は116ドル、借金3681ドル、とりあえず数カ月後に銀行に返さなければならない返済分が240ドル、エドナにできることといえば子供の世話と家事だけだ。美容院を経営している姉のマーガレット(リンゼイ・クルーズ)も親身に心配してくれるが、金銭面では無力だった。葬儀が済むと銀行は、この家を売り借金をゼロにして、子供を親戚に預けて働いたらと勧める。しかし、夫のにおいが染みたこの家と2人の子供フランク(ヤンクトン・ハットン)とポッサン(ジェニー・ジェームズ)なしに生きていくことはできない。数日後、流れ者の黒人モーゼス(ダニー・グローヴァー)がやってきて仕事をくれと申し出たが、断わった。その夜、保安官に連れられたモーゼスが再びエレナの家にやってきた。スポルディング家の銀器を盗んだので逮捕されたのだ。エレナはウソの口実でモーゼスを助けてやつた。その日から、彼は一家には欠かせぬ働き手として綿畑を耕した。同じ頃、銀行員は厄介払いするように眼の不自由な彼の弟ウイル(ジョン・マルコヴィッチ)を下宿人として押しつけてきた。エドナとモーゼスは綿作りに励んだ。一家を守るにはそれしか方法がないのだ。しかし、テキサス特有の大竜巻は小さな町の建物をあらかた破壊しスポルディング家にも甚大な被害をもたらした。姉の夫ウエイン(エド・ハリス)と親友の妻ビオラ(エイミー・マディガン)との情事も、この大竜巻によって終りを告げた。10月が近づき綿の収穫の時期になった。収穫一番のりに対する100ドルの賞金を得るために、エドナとモーゼスはもとより、フランク、ポッサム、マーガレットまで畑に出て綿つみに精出した。賞金がもらえなければ一家は離散してしまうのだ。盲目のウイルが料理を受けもった。皆、綿の木の針で指を刺され、曲げっきりの腰がのばせないほど働いた。出荷の日の朝が明けた。エドナが一番のりだった。綿つみの後のダンスパーティの夜、フランクは一人前の男として母エドナにダンスを申し込み、マーガレットも夫の情事を許す気になった。が、モーゼスはK・K・Kの一団に襲われて町を出ていくよう脅迫される。エドナに危害の及ぶことを恐れたモーゼスは、翌朝町を離れた。「あなたが最高の綿つみだってことを忘れないで」、モーゼスを送るエドナの言葉には愛する家族を失う悲しみが充ち充ちていた。(コロムビア映画配給*1時間51分)...

作品データ

原題 Places in the Heart
製作年 1984年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第57回 アカデミー賞(1985年)

受賞
主演女優賞 サリー・フィールド
脚本賞 ロバート・ベントン
ノミネート
作品賞  
監督賞 ロバート・ベントン
助演男優賞 ジョン・マルコビッチ
助演女優賞 リンゼイ・クローズ
衣装デザイン賞 アン・ロス

第35回 ベルリン国際映画祭(1985年)

ノミネート
銀熊賞(最優秀監督賞) ロバート・ベントン

第42回 ゴールデングローブ賞(1985年)

受賞
最優秀主演女優賞(ドラマ) サリー・フィールド
ノミネート
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀脚本賞 ロバート・ベントン

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.7 3.7 (全2件)
  • かわいいけれど、骨太作品 アメリカ南部の黒人差別の、恐ろしさ、悲しみを伝えています。 緊張感とほんわか、というメリハリのある映画です。 アメリカ南部の独独の雰囲気が、印象深いです。 名シーンがいくつもあります。おすすめです。 ...続きを読む

    ハラ ハラさん  2016年10月15日  評価:4.5
    このレビューに共感した/0人
  • 今の時代には作られない ロバート・ベントン作品だから見た。今、こんな牧歌的な作品にはお金が集まらないだろうな。 もっと群像劇であった方が良かったかも?今年、「木靴の樹」のリバイバルを見た後だから、どうしても見比べてしまうな。 ...続きを読む

    dragonmizuho dragonmizuhoさん  2016年5月4日  評価:3.5
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

プレイス・イン・ザ・ハート
プレイス・イン・ザ・ハート
2016年4月15日
¥400
U-NEXT
※600円分無料
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi