フルカウント
ホーム > 作品情報 > 映画「フルカウント」
メニュー

フルカウント

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

キューバ野球界に生きた黒人名選手を描く。監督はローランド・ディアス、脚本はエリセオ・アルベルト・ディエゴとローランド・ディアス、撮影はギレルモ・センテノ、音楽はホセ・マリア・ビティエルが担当。出演はサミュエル・クラクストン、イレーラ・ブラボーほか。本国公開題名は“En tresydos”。

ストーリー

ハバナのラテンアメリカ球場では、ビラ・クララとインドゥストリアレスの両チームが、一対一で優勝決定戦にもつれこむ。インドゥストリアレスの花形選手ロペス(サミュエル・クラクストン)は黒人の名選手で、これが引退試合。ロペスもよる年波には勝てないのだ。妻マガリ(イレーラ・ブラボー)は新体操のコーチ、息子マイートはバイオリンを習い、ペドロ選手の娘オルギータと親しい。ロペスはカルドナ監督(マリオ・バルマセダ)や、元ボクシングチャンピオンでトレーナーのルーゴ(アレハンドロ・ルーゴ)との友情を大切にしていた。その監督が、ロペスを最後の試合のレギュラーから外してしまった。新進選手の活躍も目ざましい。ロペスも過去には、息子のことで妻といいあらそったり、きまずい思いをした日もあった。最終試合も追いつ追われつの展開になってくる。カルドナは、逆転のチャンスを得ると、ロペスに代打を指名する。興奮にわく場内。2ストライク、3ボールのフルカウント。最後の一球をたたくロペス。球はあわやホームランかと思えたが、守備の美技に阻まれた。敗れたロペスをあたたかくむかえる選手。そしてスタンドには妻と息子の顔もあった。...

作品データ

原題 Full Count En tresydos
製作年 1985年
製作国 キューバ
配給 国際シネマ・ライブラリー

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi