ブルーラグーン
ホーム > 作品情報 > 映画「ブルーラグーン」
メニュー

ブルーラグーン

劇場公開日

解説

1980年に公開された「青い珊瑚礁」の続編。再び無人島に漂流した少年少女の孤島での愛の生活を描く。製作・監督はTV界出身のウィリアム・A・グラハム、前作の監督ランダル・クレイザーはエグゼクティブ・プロデューサーとして参加、脚本を「左ききの拳銃」のレスリー・スティーブンス、撮影をロバート・ステッドマン、音楽をバジル・ポールドゥリスが担当。出演はモデル出身で「トゥー・ムーン」でデビューしたミラ、TV出身のブライアン、リサ・ペリカン、ピーター・ヘイールほか。

ストーリー

船の事故により無人島で育ったリチャードとエミリーンは、愛しあい、子供を儲けたが、ある日3人が乗っていたボートが鮫に襲われ漂流してしまった。それを偶然発見した1隻の船があった。しかし、リチャードとエミリーンは既に死んでおり、子供だけが生き残っていた。船にはリリという幼い娘を抱えた未亡人のサラ(リサ・ペリカン)が乗っており、彼女は、生き残った赤ん坊にリチャード・ジュニアと名付けの面倒を見るのだった。ところが彼らの乗る船にコレラが発生、全員に病気が移る前にサラと娘のリリ、そしてリチャードは小さなボートで脱出するのだった。流れ着いた先は、偶然にもリチャードとエミリーンが育った島だった。月日が流れリリ(ミラ)とリチャード(ブライアン)は立派な少年少女へと育った。が、2人を不幸が襲った。これまで育ててくれたサラが肺炎で亡くなったのだ。さらに月日が流れ思春期を迎え、大人の兆候が現れた2人だったが、サラの教育により、悩む事なく乗り越え、さらに2人は愛しあうようになるのだった。そんな2人の愛の日々を揺るがす.ような出来事が起こった。1隻の船が島に訪れたのだ。それは2人が初めて文明に触れるという事でもあった。乗員の中の娘はリチャードを誘惑、リリもまた船員に迫られるが、2人はそれをお互いの愛で乗り越え、文明社会に戻ろうという船長の言葉を断り、リリとブライアンは生まれた子供と共に生きていくことを決意するのだった。...

作品データ

原題 Return to the Blue Lagoon
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 コロムビア・トライスター映画

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全3件)
  • 母は強し チャーリーを観て、若き日のミラを見たくて。まー、瞳が綺麗なこと。海の美しさも映画館で観たら感動もんだろーくらいキレイ。ストーリーは最初から強引だがミラと海の美しさが目の保養になる。 ...続きを読む

    がい がいさん  2014年11月8日  評価:2.0
    このレビューに共感した/0人
  • 美しい愛の形 まさに純愛。 なにも知識がない。それでも愛は生まれる。 なにも知らないからこその純粋さ、強さがここにあり、恋愛、人間の原点を見ている気がする。 無知だからこその力、無知は力になるということを教え... ...続きを読む

    だいこん だいこんさん  2014年7月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • ミラ演じる青い珊瑚礁の続編 ネタバレ! ブルックシールズ演じるヒロインが産み落とした子供が 船に拾われて、その子が成長し、不幸にも又、同じ島に 辿り着き、ミラ・ジョボビッチ演じる 新ヒロインと無人島で成長してゆく物語。 デビューしたて... ...続きを読む

    としぱぱ としぱぱさん  2012年8月11日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ブルーラグーン ブルーラグーン
ブルーラグーン ブルーラグーン
2012年11月16日 2014年1月6日
¥500 ¥300
ビデオマーケット Google Play
※プレミアムコースの場合

「青い珊瑚礁」シリーズ関連作品

他のユーザーは「ブルーラグーン」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi