ブルー・マイアミ
ホーム > 作品情報 > 映画「ブルー・マイアミ」
メニュー

ブルー・マイアミ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アーサー・ブラウン・ジュニアの脚本を、TV出身のアーサー・ネーデルが監督した音楽もの。撮影はウィリアム・マーグリーズ、音楽はジェフ・アレクサンダーが担当している。出演は「カリフォルニア万才」のエルヴィス・プレスリー、シェリー・フェブレイ、ウィル・ハッチンス、「生きる情熱」のジェームズ・グレゴリー、「烙印の狼」のビル・ビクスビー、ゲイリー・メリル、アマンダ・ハーレイなど。製作は「栄光の野郎ども」のジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴンのトリオ。

ストーリー

ダスター・オイル会社の御曹司スコット(エルヴィス・プレスリー)は、父に副社長になるよう命じられて家出を決行した。何でも金で買うことはできても、自分自身では何もすることができない。億万長者の生活など、彼には我慢ができなかったのである。車をとばしてフロリダ州境まで逃げたスコットは、とあるスナックで、マイアミへ水上スキーの先生として行くという、気の良い青年トム(ウィル・ハッチンス)と出会った。トムは、金持ちの生活に憧れており、スコットの話を聞くと、お互いに身代わりとなって逆の生活を送ろうと提案、服装や車を取りかえた。マイアミにつき、スコットの最初の生徒となったのはダイアン(シェリー・フェブレイー)という美女だった。彼女はプレイボーイとして有名な金持ちのジェームズの注意をひき、玉の輿にのろうとしていたのだが、スコットの良さに次第にひかれていった。スコットもまた彼女を好きになっていった。今は財産の背景のないスコットは、自分の力で金を稼がねばならず、そのため、近く行われるモーターボート・レースに参加して、その賞金を獲得する決心をした。一方、スコットの父ダスターは、秘書の口から、スコットの居場所を聞き、マイアミへ飛んだ。ダスターの前に現れたトムは、いっぺんで化けの皮をはがされた。だが、本物のスコットの口から、その気持ちと決心を聞いた父は、やっと息子の気持ちを理解した。レースの前夜、スコットとダイアンは愛を誓った。ダイアンは今では、プレイボーイが嫌になっていた。大レースは始まり、過去3年間連続優勝のジェームズが、今年も本命と見られたがスコットの猛迫に敗れた。その夜スコットはダイアンに自分の素姓を明かした。だが彼女はそれを信じようとしなかった。そして、それが本当だと知ると、嬉しさのあまり気絶してしまった。...

作品データ

原題 Clambake
製作年 1967年
製作国 アメリカ
配給 ユナイト

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi