プリンス・イン・ヘル
ホーム > 作品情報 > 映画「プリンス・イン・ヘル」
メニュー

プリンス・イン・ヘル

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

壁崩壊後のドイツ、ベルリンに巣食うゲイの若者の生活をドラッグとセックスをからめて描くメルヘン・タッチな異色のゲイ・ムービー。監督・製作・準主演は新鋭ミハエル・シュトック(68年生まれ)。脚本はシュトックと主演の二人、ヴォルフラム・ハーク、ステファン・ラールマン、撮影はロレンツ・ハールマン、音楽はアレクサンダー・ハッケ、トム・シュテルン、クリスロ・ハース、編集はウヴェ・ラウターコルンがそれぞれ担当。共演はアンドレアス・シュタードラー、ニルス・レーヴケ・シュミットのほか、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー作品などで知られる異色俳優ハリー・ベアが顔をみせる。(16mm)

ストーリー

東西統一直後のベルリン、ドロップアウトした者の吹き溜まり、クロイツベルグ。ジャンキーやパンクスたちを前に道化師のフィルレファンツ(ヴォルフラム・ハーク)が粉屋の青年に恋をした美しい王子のお伽話“プリンス・イン・ヘル”を物語る。--アンチ・ヘロインのキャンペーンを続けるゲイのカップル、ステファン(ステファン・ラールマン)とヨッケル(ミハエル・シュトック)。気持ちがすれ違いはじめた二人の間に現われたのがバイセクシャルの青年ミーヒャ(アンドレアス・シュタードラー)。ザーシャとザビーネの母子と森のなかで共同生活をする彼は、ヨッケルに誘われるままにヘロインを与える。ステファンはヘロインにのめり込み、二人は次第に危険を犯すようになる。そんな彼らが住むコミューンに“死の予言”を下すフィルレファンツ。ほどなくネオ・ナチのグループが襲われ入院したヨッケルは麻薬の禁断症状のため、病院を脱走、麻薬の売人のインゴルフ(ハリー・ベア)のもとを訪れた。その後ミーヒャはインゴルフが殺されているのを発見する。二人の行末には破滅が待っていた……ラスト、首を吊られた死体とその脱糞を食らう犬の姿が映される。...

作品データ

原題 Prinz in Holleland Prince in Hell
製作年 1993年
製作国 ドイツ
配給 スタンス・カンパニー

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「プリンス・イン・ヘル」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi