フリーマネー
ホーム > 作品情報 > 映画「フリーマネー」
メニュー

フリーマネー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

因縁つきまとう現金輸送列車強奪事件に巻き込まれたFBI女性捜査官の奮戦を描くクライム・アクション。監督は「マザーズボーイ 危険な再会」のイヴ・シモノー。脚本はジョゼフ・ブラストマンとトニー・ぺック。製作は「ピースキーパー」のニコラス・クレアモント。製作総指揮はブラストマン、ペックとエリー・サマハ。撮影は「アサインメント」のデイヴィッド・フランコ。美術はミシェル・プルー。衣裳は「アトランティック・シティ」のフランシス・バービュー。出演は「ルル・オン・ザ・ブリッジ」のミラ・ソルヴィーノ、「ランナウェイ」のチャーリー・シーン、「ブレイブ」のマーロン・ブランド、「同居人」のドナルド・サザーランド、「ワン・ナイト・スタンド」のトーマス・ハーディン・チャーチほか。

ストーリー

中西部ノース・ダコタ州の小さな町フローレンス。FBI女性捜査官カレン(ミラ・ソルヴィーノ)は生まれ故郷であるこの町に、脱走犯が射殺された事件の調査に訪れるが、町の人々は事件の当事者である看守スウィード(マーロン・ブランド)を恐れて協力を拒む。そんな折り、スウィードの双子の娘と結婚したばかりにスウィードによって召使同然にこき使われていたバド(チャーリー・シーン)とラリー(トーマス・ハーディン・チャーチ)のふたりは、悪夢の生活から逃れるために現金輸送列車襲撃を計画。みごと大金をせしめたふたりだが、スウィードの目はごませなかった。彼は地元の裁判官ローゼンバーグ(ドナルド・サザーランド)を抱き込み、バドを投獄して彼を責め苛む。ラリーはバドを救出しようとするが、ここで事件の経過を見守っていたカレンが立ちはだかる。かくして、カレンは複雑な状況のもと起こった一連の事件を解決すべく、悪の元凶に立ち向かっていくのだった。...

スタッフ

監督
脚本
ジョセフ・ブラッツマン
トニー・ペック
エグゼクティブプロデューサー
ジョセフ・ブラストマン
トニー・ペック
エリー・サマハ
製作
ニコラス・クレアモント
撮影
デビッド・フランコ
美術
ミシェル・プルール
衣装デザイン
フランソワ・バルボー

作品データ

原題 Free Money
製作年 1998年
製作国 アメリカ
上映時間 94分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「フリーマネー」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi