ブラック・ローブ(1991)
ホーム > 作品情報 > 映画「ブラック・ローブ(1991)」
メニュー

ブラック・ローブ(1991)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

先住民のインディアンとカトリック神父との間の確執を単なる白人文化の勝利として終わらせず、現代における民族、宗教等の社会的問題までをも視野に入れて描いた問題作。異なる文化圏へ布教に向かう神父の苦悩、逡巡が、カナダの壮大で圧倒的な美しさを誇る自然の風景を背景に描かれている。92年カナダ・アカデミー賞で最優秀監督賞・最優秀作品賞など計6部門を受賞。監督は「ドライビング・MISS・デイジー」で90年アカデミー賞最優秀作品賞に輝いたブルース・ベレスフォード。エグセクティヴ・プロデューサーは「ドライビング・MISS・デイジー」、「炎のランナー」、「ガンジー」、「ダンス・ウィズ・ウルブス」等を手懸けたジェイク・エバーツ。原作・脚本は、ヒッチコックの「引き裂かれたカーテン」などの脚本を手懸けたブライアン・ムーア。音楽は「リトル・ロマンス」で79年アカデミー最優秀音楽賞を受賞し、「アメリカの夜」、「日曜日が待ち遠しい!」などのフランソワ・トリュフォーとのコンビが有名なジョルジュ・ドルリューで、92年3月に死去した彼の映画音楽の遺作となった。出演は「モントリオールのジーザス」のロタール・ブルトー、「モアイの謎」のサンドリーヌ・ホルトなど。

ストーリー

1634年、ケベックではインディアンへの布教活動がカトリック教会によって行なわれていた。黒い僧衣のため“ブラック・ローブ”と呼ばれる伝道師ラフォーグ(ロタール・ブルトー)は、ヒューロン族の住む村への伝道の旅を命じられる。彼の道先案内人はチョミナ(オーガスト・シュレンバーグ)率いるアルゴンキン族の者達であった。大工のダニエル(エイデン・ヤング)を供に連れたラフォーグの旅が始まる。道中、呪術師にラフォーグは悪魔だと聞かされたチョミナ達はラフォーグを置いて、立ち去ってしまう。チョミナの娘アヌーカ(サンドリーヌ・ホルト)を慕うダニエルもまた彼の元を去ってしまうが、ラフォーグとの約束を破った事を恥じるチョミナはアヌーカやダニエル等を連れて、彼の元に戻る。戻ったチョミナ等とラフォーグはそこでイロコイ族の襲撃を受け、捕らえられ、拷問を受ける。夜、隙を狙って彼らは逃亡に成功する。河に辿り着いたラフォーグ等であったが、チョミナは拷問によって傷つき、目前の死を自覚し、ラフォーグ等に先へ向かうよう命じる。チョミナを置いて、先に進むラフォーグ等であったが、アヌーカは彼にチョミナの予言では彼がこれから独りで行く事になっていると告げる。それを承諾したラフォーグは、ダニエルとアヌークと別れ、旅立ち、ヒューロン村へと辿り着く。ヒューロン村では疫病が襲っており、ジェローム神父が洗礼の儀式によって病が治ると村人達に言聞かせていた。ラフォーグはジェローム神父に反発を感じるが、やがて自ら洗礼の儀式を始める。...

作品データ

原題 Black Robe
製作年 1991年
製作国 カナダ
配給 ケイエスエス

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ブラック・ローブ(1991)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi