ブライダル・シャワー
ホーム > 作品情報 > 映画「ブライダル・シャワー」
メニュー

ブライダル・シャワー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

不況風が吹き荒れるリヴァプールを舞台に、結婚式前夜に昔の恋人と再会した娘の揺れる心を描くドラマ。もともとはBBCのテレビ映画『スタッグス・アンド・ヘンズ』としてスタートを切ったものが舞台劇に直すよう勧められ、原作者のウィリー・ラッセルが新たに筆をとり舞台化、1978年に初演。この舞台作品が大好評をおさめ、監督に以前ラッセルの舞台劇を演出したマイク・オクレントを抜擢して映画化となった。

ストーリー

バンド・メンバーのピーター(コン・オニール)は全英チャートで一応の成功をおさめ、故郷のダンスホールでライブを行なうためリヴァプールに帰ってきた。その頃、翌日に結婚式を控えたリンダ(クレア・ハケット)は、独身最後の夜を友人と楽しもうと町に繰り出していた。彼女は自分がなぜ結婚するのか疑問に思っている。一方、花婿のデイブ(コンラッド・ネルソン)も結婚に対して訳の分からぬ苛立ちを抱えながら仲間と飲み歩いていた。結婚式前夜に会ったカップルには不幸が訪れるという言い伝えがあるのだが、その夜の仕上げで花嫁のグループと、花婿の仲間とが同じダンスホールに来合わせてしまう。しかもそこの舞台で演奏しているピーターは、実はリンダの昔の恋人だった。ピーターとリンダは屋上で二人だけの会話を交わし夜風に吹かれて抱き合った。リンダは再会の抱擁を思い出に、この町で夫と暮らしていこうと決めたが、二人のことを知った仲間たちは、彼女の心も知らず不実だと非難する。弁解するのも馬鹿らしくなったリンダは、結局結婚をやめて町を出ていくのだった。...

作品データ

原題 Dancin' thru the Dark
製作年 1990年
製作国 イギリス
配給 キノ青山

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi