ふくろうの河
ホーム > 作品情報 > 映画「ふくろうの河」
メニュー

ふくろうの河

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

アメリカの作家アンブローズ・ビアースの短篇小説“アオル・クリークの出来ごと”を新進ロベール・アンリコが脚色し、監督した映画詩。撮影はジャン・ボフティ、音楽はアンリ・ラノエ、演奏を黒人のケニー・クラークが担当している。主演者は舞台のロジェ・ジャッケ。カンヌ映画祭短篇グラン・プリ受賞。

ストーリー

南北戦争のさなか、北部アラバマの鉄橋の上で一人の男が北軍の兵士達によって絞首刑にされようとしていた。両手を後にまわされて縄で縛られている男は、兵士が一方の板の端を退けば河に落ちて死ぬはずであった。男はペイトン・ファーカー(ロジェ・ジャッケ)といい、南部の裕福な農場主だが、北軍の鉄道工事を妨害したかどで死刑にされようとしているのだ。急流を見下した瞬間男は助かりたいと切望した。上官の命が下り、男は急流に落ちた。殆ど意識を失った彼は喉や手首に鋭い痛みを感じて水底に沈んでいった。頭上にかすかな光が輝きはじめるのを見た彼は必死で手首の縄をほどいて川面に顔を出したが、銃口を向けている兵士達の姿を見て再び水にもぐり、川下の安全な場所まで来た。だが敵は大砲を射ってきた。砂の上に投げ出された彼は深い森を歩き続け、日は暮れた。苦痛にもかかわらず歩きながら眠りこんでしまったらしい。目を開いた時、彼は自分の家に居た。愛する妻や子が両腕をひろげて走寄る。その時彼は首の後に気の遠くなるような打撃を感じた。すべては死の直前の出来ごとだったのだ。...

作品データ

原題 La Riviere Du Hibou
製作年 1962年
製作国 フランス
配給 東和

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第36回 アカデミー賞(1964年)

受賞
短編実写映画賞  
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi