フォー・ルームス
ホーム > 作品情報 > 映画「フォー・ルームス」
メニュー

フォー・ルームス

劇場公開日

解説

大晦日の夜、一軒のホテルを舞台に、4つの部屋で繰り広げられる騒動を描いた4話オムニバスのコメディ。「レザボア・ドッグス」1本でアメリカ映画界の寵児となったクエンティン・タランティーノが、各国の映画祭で知り合ったインディペント系の若手映画作家たちと意気投合し、企画が実現した。各人各様の演出スタイルと映像世代ならではのマニアックな視点、豪華キャストの共演など、見どころは多い。製作はタランティーノ作品でおなじみのローレンス・ベンダー(助演も)。エグゼクティヴ・プロデューサーは、タランティーノとアレクサンダー・ロックウェル。音楽はコンバスティブル・エディソンとエスクィヴェル、美術はメイン・スキューラー。衣装はメアリー・ハナンとスーザン・バートラム。タイトル・バックのカートゥーン・アニメをボブ・カーツが担当。全編の狂言回したるベルボーイ役でクールな怪演を見せるのは「パルプ・フィクション」「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のティム・ロス。また第3話と4話をつなぐパートに、「忘れられない人」「オンリー・ユー」のマリサ・トメイがホテルの上司役で、プロデューサーのローレンス・ベンダーがヤッピー屑野郎で、それぞれ特別出演している。 〈ルーム321/お客様は魔女〉魔女たちの集会を、個性派女優の競演で描く。監督・脚本は「ガス・フード・ロジング」の女性監督アリソン・アンダース。撮影はロドリゴ・ガルシア。出演は「ホット・ショット」「ホット・ショット2」のヴァレリア・ゴリノ、「スネーク・アイズ」のマドンナ、「プレタポルテ」のリリ・テイラー、「チャイナ・シャドー」のサミ・デイヴィス、「ガス・フード・ロジング」のアイオン・スカイほか。 〈ルーム404/間違えられた男〉間男に間違えられ、殺されそうになったテッドの災難を描く。監督・脚本は「イン・ザ・スープ」のアレクサンダー・ロックウェル。撮影も同作のフィル・パーメット。出演は、監督夫人でもある「親愛なる日記」のジェニファー・ビールス、「ショーシャンクの空に」のデイヴィッド・プローヴァル。 〈ルーム309/かわいい無法者〉ヤクザ者に子供たちのお守りを頼まれたテッドが、その悪ガキたちのためにまたしても災難に巻き込まれる姿を、スピード感溢れるスラップスティック調で描く。監督・脚本・編集は「エル・マリアッチ」「デスペラード」のロバート・ロドリゲス。撮影は「デスペラード」のギレルモ・ナバロ。出演は「デスペラード」のアントニオ・バンデラス、「ジョイ・ラック・クラブ」のタムリン・トミタほか。 〈ペントハウス/ハリウッドから来た男〉往年のテレビシリーズ『ヒッチコック劇場』の1話「リオから来た男(日本放映題/指)」(原作はロアルド・ダールの『南から来た男』)に登場する賭けを再現しようとする男たちのエピソード。手持ちカメラの長回し撮影が効果的。監督・脚本・主演は「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノ。撮影も同作のアンジェイ・セクラ。共演は「パルプ・フィクション」「ダイ・ハード3」のブルース・ウィリス、第2話に続いて再登場のジェニファー・ビールスほか。

ストーリー

〈ルーム321/お客様は魔女〉ロサンゼルスのホテル・モンシニョールに風変わりな女性客が次々と到着した。ジプシー風の美女アシーナ(ヴァレリア・ゴリノ)、妖艶なエルスペス(マドンナ)と、どうやら彼女のレズビアン相手らしいパンク少女のキヴァ(アリシア・ウィット)、猫を連れたゴージャスなジゼベル(サミ・デイヴィス)、箒を持ったインディアン風のレイヴン(リリ・テイラー)、そして素朴で可愛いイヴァ(アイオン・スカイ)の6人は、301 号室にチェックイン。キヴァを除く女たちは実は魔女で、40年前にこの部屋で呪いをかけられた魔女ダイアナを復活させようとしていた。儀式が始まり、魔女たちは母乳、処女の血、5人の男の太ももの汗、1年分の涙をそれぞれ捧げるが、男の精液を捧げるはずだったイヴァは、それをつい飲んでしまったと告白。リーダー格のアシーナは、1時間以内に精液を調達することを命じる。そこへベルボーイのテッドが現れた。イヴァはテッドをなだめたり、すかしたりして、やっとお目当てのものを手に入れる。再び儀式が始まったが、果して……。 〈ルーム404/間違えられた男〉404号室へ氷を届けたテッドは、中年男シグフリード(デイヴィッド・プローヴァル)にいきなり拳銃を向けられる。彼の背後には、椅子に縛りつけられ、猿ぐつわを嵌められた美女アンジェラ(ジェニファー・ビールス)の姿が。シグフリードは、テッドの正式名称、テオドアと呼びかける。どうやらテッドを、妻の間男テオドアだと思い込んでいるらしい。やばい雰囲気に彼は慌てふためくが、その時、心臓の持病があるシグフリードが発作を起こして倒れた。薬を取ってこいと命じられ、浴室に駆け込んだテッドは窓から逃げだそうとするが、果たせない。あきらめて戻ってみると、目を覚ましたシグフリードはすっかり態度を軟化させていた。彼は妻を激しく愛していて、彼女の愛を試してみたかったらしい。テッドがホッと胸をなで下ろしたのも束の間、今度は何とアンジェラが「テッドにファックされた」と言う。再びシグフリードの形相が変わった。危うくそこから逃げだした彼と入れ違いに、本物のテオドアが部屋を訪れた……。 〈ルーム309/かわいい無法者〉ラテン系のヤクザ(アントニオ・バンデラス)とその妻(タムリン・トミタ)が外出している間、9歳の姉サラと6歳の弟ファンチョの世話を頼まれたテッドだが、子供たちはとんでもない悪ガキだった。ファンチョはテレビのアダルト・チャンネルをつけ、サラとケンカになる。足が臭いと言ってはまたケンカ。彼らはシャンパンを飲んですっかり酔っぱらう。引き出しにあった注射器でダーツをしている時、テッドが見回りにやってきた。子供たちのまぶたにメンソレータムを塗って寝かしつけるが、彼が去ると洗い流してしまった。そして、サラはこの悪臭が足のせいではないと気づき、ベッドのマットレスを引き剥がしてみると、そこには腐乱死体が! サラの報せで駆けつけたテッドは、急いで始末をつけようとするが、焦って深みにハマるだけ。そこへ両親が帰ってきた。部屋の中は悲惨な有り様。テレビではアダルト番組が流れ、テッドは死体の腕を掴み、サラは注射器を持ち、ファンチョは酒をラッパ飲み。しかも床にこぼしたブランデーに火がついて火災が発生、部屋は炎に包まれた。物凄い形相にテッドは震え上がるが、父親はひと言、「いい子にしてたか?」。 〈ペントハウス/ハリウッドから来た男〉夜明け前、いい加減キレそうになったテッドにまたしてもベルが鳴る。注文の品を持ってペントハウスに上がってみると、そこには喜劇俳優チェスター・ラッシュ(クエンティン・タランティーノ)と取り巻きのレオ(ブルース・ウィリス)とノーマン(ポール・カルデロン)がいた。おまけに、なぜかアンジェラの姿もあった。チェスターは、斧1本、木切れ一枚、釘3本、紐ひと巻き、氷にドーナツとクラブサンドと、注文の品を確かめる。彼らは懐かしのテレビ番組にあったエピソードを再現しようというのだ。それはジッポー・ライターで10回連続で点火できるかというもので、勝てば車が貰えるが、負ければ小指が飛ぶことになる。ノーマンは指を、チェスターは愛車を賭けることになったが、チェスターは札束を積んでテッドに、失敗した時に指を切る役を頼む。逡巡する彼にチェスターは、「たった1秒の仕事を引き受けずに1 000ドル逃したか、たった1秒の仕事で1 000ドルせしめたか、これからの人生でどっちの記憶を引きずって生きていくんだ?」と囁く。テッドは決断して引き受けた。ついに賭けが開始され、ノーマンはジッポーを手にする。一同は緊張に包まれた。だが、1回目からあっさり失敗、すかさずテッドは斧を降り下ろして指を切断し、1 000ドルを手にした。慌てふためく皆を尻目に、テッドは悠然と去っていく。...

作品データ

原題 Four Rooms
製作年 1995年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.2 3.2 (全1件)
  • ティムロス なんなんだこの人は。仕草、台詞の言い方、目線ひとつでもおかしさ満載。ホント上手いわー。彼の演技があるからこそ、傑作になってる。オープニングから引き込まれる曲。キャストも意外と豪華。ラストのお話も... ...続きを読む

    がい がいさん  2015年1月28日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

フォー・ルームス
フォー・ルームス
2016年10月9日
¥933
Hulu
※2週間は無料

他のユーザーは「フォー・ルームス」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi