フィフィ大空をゆく
ホーム > 作品情報 > 映画「フィフィ大空をゆく」
メニュー

フィフィ大空をゆく

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

「素晴らしい風船旅行」のアルベール・ラモリスがシナリオを書き、自ら監督した詩的でファンタジックなコメディ。撮影はピエール・プティとモーリス・フェルー、音楽はジャン・ミシェル・ドフェイが担当した。編集はマドレーヌ・ギュ、技術協力はアンリ・ガリュエルとジョルジュ・ゲッツがあたった。出演は新人フィリップ・アブロン、ミレーユ・ネイグル、アンリ・ランベール、ラウール・ドルフスほか。

ストーリー

時計蒐集が嵩じて時計泥棒になった若者がいた。ある邸に忍びこんで失敗し、サーカス小屋に逃げこんだのが運のつき、正体を見破られた。支配人は彼を訴えようとせず“鳥人”に仕立てようと考えた。人間の背に羽をつけて飛ばせようというもので、前に一人死んだ者もいた。若者がそれをうける気になったのはミミ(M・ネイグル)という花形娘に一目で恋したからだった。練習を重ねたある日、やっと飛べるようになった。フィフィと呼ばれ、サーカスの人気者になったが、ミミに横恋慕する猛獣使い(H・ランベール)にはいじめられ通しだった。ふとしたことから白衣を着て飛ぶようになって、「天使、天使」と呼ばれるようになったある日、恋人の父親の無理解から結婚できず自殺しようとした青年に会い、彼を助けようと考えた。がその父親には「天使」の威力も通じない。飛び立つ前に父親の時計のコレクションをごっそり盗み、ミミにプレゼントした。感激したミミと万事上手くいきそうだったが、おさまらないのが猛獣使い。二人が暴れ廻ってサーカス中がバラバラ、警官が駆けつけ、フィフィが追い廻されることになった。ヘリコプターまで出動の追手を逃れ、イカダの漂流者のところに落ち着いた。天使に助けられたと間違えた漂流者と取っ組み合いになり海中へ。気がついてみるとフィフィは親切な漁師に助けられた。信心深い漁師の妻は天国での話をききたがる。「ここの方が天国だ」と答えるフィフィは、回復して町にもどり、例の自殺未遂の青年たちを結婚させ、ミミの所に帰った。彼女はフィフィがもうどこにも行かないよう、羽を切った。二人はサーカスをぬけ出し、あの漁師たちと一緒に住み、赤ン坊までもうけた。だが驚いたことにその子の背中に可愛い羽が生えていた!...

作品データ

原題 Fi Fi La Plume
製作年 1965年
製作国 フランス
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第18回 カンヌ国際映画祭(1965年)

受賞
フランス映画高等技術委員会賞 アルベール・ラモリス
出品
出品作品 アルベール・ラモリス
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi