フィアンセ
ホーム > 作品情報 > 映画「フィアンセ」
メニュー

フィアンセ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

戦争という状況の中で、離れ離れになりながらも一途な愛を貫き通す男女の姿を描いたメロドラマ。女流作家エーヴァ・リッポルドの『重き扉の家』を原作に、チェコスロヴァキア生まれで当時の東ドイツ映画界きっての実力派ギュンター・リュッカー(脚本も担当)と、ベルリン生まれで今回が16本目の作品となるベテランのギュンター・ライシュが共同監督。二人は74年の「ヴォルツ/あるドイツ・アナーキストの幻想」において、リュッカー脚本・ライシュ演出のコンビを組んでいる。80年カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭グランプリを受賞、特集上映の東西ドイツ名画傑作選において公開された。

ストーリー

1934年から44年にかけてのドイツ。34年、総統の地位に就いて名実ともに独裁者となったヒットラーに民衆が喝采を送る中、反ナチ運動家のヘッラ・リンダウ(ユッタ・ヴァホヴィアク)は反逆予備罪で捕らえられ10年の強制収容所入りを宣告される。ヘッラは女だけの監房に入れられるが、周囲は売春婦から殺人犯まで、彼女とは別の世界に生きていた女ばかりであった。この中で彼女は自らの人間性を失うまいとつとめたが、ヘッラは孤独感と絶望感にさいなまされながら二年間を過ごす。そうした彼女にとって唯一の心の支えは、同じ反ナチス組織に属する婚約者のライマース(レギマンタス・アドマイティス)の存在だった。彼は獄中のヘッラとの結婚を許可してくれるよう嘆願書を出したが却下され、ただ面会だけが許されている。やがてヘッラは、ライマースの愛と彼に対する信頼から、収容所内のあらゆる抑圧に負けない自分を作っていくのだった。...

キャスト

作品データ

原題 Die Verlobte
製作年 1980年
製作国 東ドイツ
配給 大映インターナショナル

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

アンデッド・ウェディング 半ゾンビ人間とそのフィアンセ[DVD] マイ・ラブリー・フィアンセ[DVD] マイ・ラブリー・フィアンセ[DVD] マイ・ラブリー・フィアンセ[DVD]
アンデッド・ウェディング 半ゾンビ人間とそのフィアンセ[DVD] マイ・ラブリー・フィアンセ[DVD] マイ・ラブリー・フィアンセ[DVD] マイ・ラブリー・フィアンセ[DVD]
発売日:2013年10月2日 最安価格: ¥1,000 発売日:2014年11月26日 最安価格: ¥1,221 発売日:2003年3月26日 最安価格: ¥3,292 発売日:2016年8月2日 最安価格: ¥1,000
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi