ファイヤーフォックスのレビュー・感想・評価

ファイヤーフォックス

劇場公開日 1982年7月17日
2件を表示 映画レビューを書く

なかなかの緊迫感と迫力

総合70点 ( ストーリー:65点|キャスト:75点|演出:75点|ビジュアル:75点|音楽:70点 )

 ソ連に潜入して新型の戦闘機を盗み出す。現実性の乏しい話である。そして21世紀に入っても未だに人類は音速の6倍で高度36000メートルを飛ぶ戦闘機も、考えるだけで思考を読み取り反応する電子機器の開発も出来ていない。
 しかし娯楽としては面白い。前半、冷戦下のソ連の監視を潜り抜け犠牲を払って相手の監視の追跡を撒きながら基地に潜入するのは緊迫感があった。後半の戦闘機の飛行の場面は、映像がおもちゃっぽいところはあったものの、この時代にしては健闘していてなかなかの迫力だった。冷戦下ではモスクワでの撮影も出来ないのにそれっぽくなっていた。物語には色々と突っ込みどころはあっても楽しめるのならばそれでいい。

Cape God
Cape Godさん / 2017年4月29日 / PCから投稿
  • 評価: 3.5
  • 印象:  興奮
  • 鑑賞方法:TV地上波
  • コメントする
  • 共感した! (共感した人 0 件)

Could you be that cool, again? 1度退役した凄腕パイロットがソ連の新型空軍機を盗む御話 ネタバレ

※本文にネタバレがあります。 [ ▼クリックして本文を読む ]

クリント・イーストウッドがベトナム戦争でのPTSDに悩む凄腕パイロットを好演しています。クリント・イーストウッドってこの当時からPTSDに興味持ってたんですね。

前半はサスペンス物として粛々と物語が進むなか、後半戦ソ連の新型機を盗んだ後の攻防戦は一見の価値ありです。同型の2号機との空中戦がなかなか見ごたえありました。当時としては特撮を頑張ってたのではないでしょうか?英語でやり取りするソ連兵には違和感を感じますが、そういう演出が許された時代の作品ですね。まだソ連が強かった時代の御話です。

クリント・イーストウッドはいつもながらのクリント・イーストウッドでした。危機に対しても絶対助かるだろうという安定感。うん、これはクリント・イーストウッドだ。そしてほぼ全編男性キャスト。いやー、男臭い!!

特別突き抜けた印象はなかったですが、クリント・イーストウッドファンの方は観ても損はないと思われます。

アキ爺
アキ爺さん / 2015年12月13日 / Androidアプリから投稿
  • 評価: 3.0
  • 印象:  -
  • 鑑賞方法:DVD/BD
  • コメントする (コメント数 0 件)
  • 共感した! (共感した人 0 件)

2件を表示

映画レビューを書く
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi