ピンク・キャデラック
ホーム > 作品情報 > 映画「ピンク・キャデラック」
メニュー

ピンク・キャデラック

劇場公開日

解説

逃亡犯追跡の賞金稼ぎがある女を捕えたことで巻き込まれる騒動を描くアクション・コメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・グラスコフ、製作はデイヴィッド・ヴァルデス、監督は「ダーティハリー5」のバディ・ヴァン・ホーン、脚本はジョン・エスコウ、撮影はジャック・N・グリーン、音楽はスティーヴ・ドーフが担当。出演はクリント・イーストウッドほか。

ストーリー

プロの賞金稼ぎトム・ノワック(クリント・イーストウッド)は、ある日ニセ札所持で逮捕され、保釈中の身の上にもかかわらず、生後8カ月の赤ん坊を連れて行方をくらませた人妻ルー・アン・マクグィン(バーナデット・ピータース)を追うことになった。実は彼女の持っていたニセ札というのは、前科者の夫ロイ(ティモシー・カーハート)の所属する狂信的な白人主義組織“純血団〈バース・ライト〉”の援助資金として密造していたもので、ルー・アンは、当局から組織の1人とみなされ、さらに紙幣偽造の汚名をきせられたことで、腹をたててロイの愛車ピンク・キャデラックに飛び乗り、離婚裁判で有名なネバダ州リノにやって来たのだった。しかしその車のトランクの中には、組織が用意した本物の4万ドルが隠されていたのである。それをニセ札と思い込んでいるルー・アンは、リノで大もうけしようとするが、金を使う前にトミーに捕まってしまう。しかしそんな2人を追う純血団のリーダー、アレックス(マイケル・デス・パレス)とその補佐役のウェークロス(ジョン・デニス・ジョンストン)は、彼女の赤ん坊を誘拐し、金を返すように脅迫するのだった。いつのまにかお互いに好意を抱くようになっていたトミーとルー・アンは、純血団のアジトに乗り込み、激しい銃撃戦の末に組織を壊滅、赤ん坊を奪回することにも成功を収め、そして2人は愛を実らせるのだった。...

作品データ

原題 Pink Cadillac
製作年 1989年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・プラザース

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全7件)
  • 何かと緩い 総合60点 ( ストーリー:55点|キャスト:65点|演出:60点|ビジュアル:70点|音楽:70点 ) イーストウッドは旦那をおいて女とは簡単に打ち解けあうし、銃が大好きな山奥の危ない団体とは... ...続きを読む

    Cape God Cape Godさん  2017年7月9日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 現代版賞金稼ぎ 主人公(クリント・イーストウッド)は現代版の賞金稼ぎで、カルト集団に狙われた母子を救出することに。 主人公も母親(バーナデット・ピータース)も軽いノリで、誘拐された赤ん坊を追いかけていく。 ピン... ...続きを読む

    いやよセブン いやよセブンさん  2017年6月2日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 大好きなイーストウッドのいつもと違う表情が見れて とても新鮮で楽しかった 大好きなイーストウッドのいつもと違う表情が見れて とても新鮮で楽しかった ...続きを読む

    ふうさん ふうさんさん  2017年1月19日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ピンク・キャデラック ピンク・キャデラック
ピンク・キャデラック ピンク・キャデラック
2015年4月30日 2015年11月20日
¥199 ¥324
Amazonビデオ ビデオマーケット
ポイント制
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi