ビリー・バスゲイト
ホーム > 作品情報 > 映画「ビリー・バスゲイト」
メニュー

ビリー・バスゲイト

劇場公開日

解説

成功を夢みて暗黒街に足を踏み入れた青年の目を通して描くギャング映画。監督は「消えたセクシー・ショット」のロバート・ベントン、製作は「クレイマー、クレイマー」のアーレン・ドノヴァンと「愛と哀しみの旅路」のロバート・F・コールズベリー、脚本は「ロシア・ハウス」のトム・ストッパード、撮影は「プレイス・イン・ザ・ハート」のネストール・アルメンドロス、音楽は「ハート・ブルー」のマーク・アイシャムが担当。

ストーリー

アメリカに不況の嵐が吹き荒れる1935年。ニューヨークの暗黒街に君臨するキャングのボス、ダッチ・シュルツ(ダスティン・ホフマン)は、彼と同じイースト・ブロンクス出身の青年ビリー(ローレン・ディーン)に声をかける。血気盛んなビリーは、機転を効かせ子分になり、やがて側近に成り上がっていった。ビリーにとって羽振りのいいダッチは成功の象徴であり、ダッチの片腕で命知らずの殺し屋ボー・ワインバーグ(ブルース・ウィリス)が美女をはべらせ輝きを放つ姿は憧れであった。だが、あるときボーの裏切りが発覚、ダッチは親友でもあったボーをボーの恋人ドリュー・プレストン(ニコール・キッドマン)の目の前で冷酷に始末する。それはビリーにとって、成功への道と信じていたギャングの世界が、実は裏切りと殺しの横行する恐ろしい世界であると思い知る出来事だった。ダッチはビリーに、ボー殺しの秘密を知るドリューの監視を命ずる。知的で妖艶な人妻ドリューとビリーは、次第に愛を感じ始めていた。その頃ダッチは隆盛の頂点から一転、窮地に立たされる。禁酒法廃止後、当局はギャングの一掃に乗り出し、ダッチを脱税容疑で告発した。ダッチの参謀オットー・バーマン(スティーヴン・ヒル)は陪審員の心証をよくするため、ダッチの悪行が知られていない北部の田舎町で裁判を開くよう画策し、金にあかせて慈善事業を重ね善人の印象をアピール。ドリューの存在をマスコミから隠すため、ビリー同行でサラトガに行かせる。束の間の安らぎに愛を確かめあう2人だったが、ドリューをも消そうとするダッチの企みに気づいたビリーは、彼女を夫の元へ帰した。一方、ダッチは、裏工作で勝訴したものの更に州から訴えられ、ギャング仲間の裏切りで手も足も出なくなり、無謀な計画をわめき散らしていた。かつて栄光を恣にした男の哀れな姿を目の当たりにしたビリーは、ようやく真の大人の男への道を歩き始めた。...

作品データ

原題 Billy Bathgate
製作年 1991年
製作国 アメリカ
配給 ワーナー・ブラザース映画
上映時間 107分

提供:株式会社キネマ旬報社

映画レビュー

平均評価
2.6 2.6 (全1件)
  • ダスティンホフマンのヤクザ怖い ヤクザに憧れる若者がヤクザに入門するといろいろ大変な思いをするという映画だった。 主人公がいつも口を開けて戸惑っていながらも肝の太そうな感じがとてもよかった。上司に「なぜとか余計なことを聞くな」... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2012年3月24日  評価:4.0
    このレビューに共感した/0人
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

ビリー・バスゲイト ビリー・バスゲイト
ビリー・バスゲイト ビリー・バスゲイト
2016年10月29日 2016年1月23日
¥500 ¥300
ビデオマーケット ShowTime
※プレミアムコースの場合

他のユーザーは「ビリー・バスゲイト」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi