ビューティフル・ピープル(1999)
ホーム > 作品情報 > 映画「ビューティフル・ピープル(1999)」
メニュー

ビューティフル・ピープル(1999)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

英国に逃れてきたボスニア移民と地元住民の交流を描いた群像劇。監督・脚本はボスニア出身の新鋭ジャスミン・ディズダーで本作が長編デビュー。撮影は「マイ・ネーム・イズ・ジョー」のバリー・アクロイド。出演は出演は「フォー・ウェディング」のシャーロット・コールマン、「ハムレット」のニコラス・ファレルほか。

ストーリー

[ロンドン代理戦争]バスのなかで同郷のクロアチア人とセルビア人が出会い、町中で“代理戦争”が勃発。病院でも和平はできない……。[赤ちゃんの微笑み]妻に家出された産婦人科医モルディ(ニコラス・ファレル)は、ボスニア難民のジェミラから兵士にレイプされて妊娠した子供を中絶してほしいと相談される。だが、モルディは産むことをすすめ、やがて生まれた赤ちゃんは“カオス(混沌)”と名付けられた。モルディはジェミラと彼女の婚約者のイズメットを自宅に招き、彼らと共同生活を始めるのだった。[気がつけばボスニア]ジャンキーのフーリガンのグリフィンら3人組はロッテルダムでイングランド対オランダ戦を観戦。喧嘩して逃げた3人は空港の荷物の上で眠り込む。ところがその荷物はボスニアへの救援物資。目覚めるとボスニアで避難民に囲まれていた。グリフィンはひょんなことから地雷現場で盲目の戦災孤児ハシムを見つけてロンドンへ連れ帰るが、騒動はこれで終わらない……。[LIFEのイミハ?]ボスニア難民の青年ベロはケガの治療をしてくれた上流階級出身の研修医ポーシャと恋におちる。ポーシャはベロの帰化のため結婚を決めるが……。[熱血暴走レポーター]BBCの海外特派員ジェリーは妻ケイトの反対を押し切りボスニアに行くが、野戦病院を取材中に足を撃たれる。ロンドンに戻った彼はボスニア症候群なる心の病にかかっていた。ケイトは夫を救うため、セラピストの元に彼を連れて行くのだった……。...

スタッフ

監督
脚本
ジャスミン・ディズダー
エグゼクティブプロデューサー
ロジャー・シャノン
ベン・ギブソン
製作
ベン・ウールフォード
撮影
バリー・アクロイド
美術
ジョン・ヘンソン
音楽
ガリー・ベル
編集
ジャスティン・カーシュ
衣装デザイン
ルイーズ・ペイジ
字幕
細川直子

作品データ

原題 Beautiful People
製作年 1999年
製作国 イギリス
配給 ポニーキャニオン=東京テアトル
上映時間 107分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第52回 カンヌ国際映画祭(1999年)

受賞
ある視点部門
ある視点部門 最優秀作品賞 ジャスミン・ディズダー
出品
ある視点部門
出品作品 ジャスミン・ディズダー

他のユーザーは「ビューティフル・ピープル(1999)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi