白夜の陰獣
ホーム > 作品情報 > 映画「白夜の陰獣」
メニュー

白夜の陰獣

劇場公開日

解説

ジョン・エルダーの脚本を、ドン・シャープが監督した帝政ロシア時代の怪僧ラスプーチンの物語。撮影は「凶人ドラキュラ」のマイケル・リード、音楽はドン・バンクスが担当した。出演は「凶人ドラキュラ」のコンビ、クリストファー・リーとバーバラ・シェリーほか。製作はアンソニー・ネルソン・キース。

ストーリー

帝政ロシア時代、ある片田舎でラスプーチン(C・リー)と名乗る怪僧が、不思議なまじないの力で瀕死の女の命を助けた。彼はこの神通力を大いに利用したいと修道院の院長に語ったが、逆に邪道と見なされ、破門されてしまった。その後ラスプーチンは首府ペテルスブルグに乗り込み、医師ツアーゴを部下にした。そして宮廷の侍女ソニア(B・シェリー)を自分のものにすると、彼女を手先に使って、皇太子に故意に傷を負わせまじないの力でなおしてみせた。この功により、皇后にとり入った彼は、政治にさえ干渉するようになり、一方、侍女たちにも次々と手を出し、そのあげくソニアをすてた。ラスプーチンの横暴を憎む、ソニアの兄ペーターとその友人のイワンは、ツアーゴの協力を得て、イワンの美しい妹バネッサをおとりにして復讐を企てた。その頃ソニアは自害していた。バネッサの魅力におびきよせられたラスプーチンは、毒酒を飲まされたが、それでは往生せず、医師ツアーゴをナイフで刺殺し、イワンに立ち向ったが、運つきて二階の窓から地面に転落して息絶えた。...

作品データ

原題 Rsputin, The Mad Monk
製作年 1965年
製作国 イギリス
配給 20世紀フォックス

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi