火の馬
ホーム > 作品情報 > 映画「火の馬」
メニュー

火の馬

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ウクライナの文豪ミハイル・コチュビンスキーが1911年に発表した小説をセルゲイ・パラジャーノフとイワン・チェンディが脚色、セルゲイ・パラジャーノフが監督にあたった。撮影はユーリー・イリエンコ、音楽はM・スコリクが担当した。出演はイワン・ミコライチュク、ラリサ・カドチニコワほか。

ストーリー

ウクライナの南、カルパチア山地に生むペトリュクとグデニュクの二つの氏族間には、何世代にもわたり争いが続いていた。そしてある日、両家の車軸がふれあったことから争いが起きグデニュクの斧がペトリュクの頭上に打ちおろされた。瀕死のペトリュクの脳裏を、真っ赤な火となった馬が空の彼方に走っていく。敵同士であるはずの両家の子供たち、イワンコ・ペトリュク(I・ミコライチュク)とマリチカ・グデニュク(R・カドチニコワ)の二人は幼い頃よりの親友。大人になった二人は愛し合うようになった。しかしイワンコには、お金がない。村を離れ、一人、出稼ぎに行った。その留守中のことである。マリチカは羊の子を救おうとして足を踏みはずし、高い崖から落ち、急流にのまれてしまった。かけつけ、茫然とたちつくすイワンコ。それからの彼は乞食同然の、おちぶれかただった。そして数年、村人たちは彼を立ち直させるため、パラグーナという娘と結婚させることにした。幸せそうな日々が続いた。しかしイワンコはマリチカの面影を忘れることは出来ない。パラグーナの悲しみ。彼女は、その悲しみをまぎらすため、ユーラという男と親しくなっていった。イワンコはユーラと争い、手斧で、ユーラの頭を傷つけた。よろめきながら外に出たイワンコの目に、マリチカの墓がうつった。そして彼女の霊にみちびかれるように森の中をさまよい、マリチカが落ちた崖へと近づいて行った。...

作品データ

原題 Horse of Fire
製作年 1964年
製作国 ソ連
配給 ATG
上映時間 92分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

戦火の馬[DVD] 戦火の馬[Blu-ray/ブルーレイ] 戦火の馬[Blu-ray/ブルーレイ]
戦火の馬[DVD] 戦火の馬[Blu-ray/ブルーレイ] 戦火の馬[Blu-ray/ブルーレイ]
発売日:2013年7月3日 最安価格: ¥1,000 発売日:2012年7月18日 最安価格: ¥2,891 発売日:2013年7月3日 最安価格: ¥1,500
Powered by 価格.com

他のユーザーは「火の馬」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi