ヒッチハイク
ホーム > 作品情報 > 映画「ヒッチハイク」
メニュー

ヒッチハイク

ヒッチハイク
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • ヒッチハイクの関連ニュース
  • ヒッチハイクのレビュー
  • ネットレンタル検索
  • ヒッチハイクのDVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

キャンピング・カーでアメリカ旅行を楽しむ若夫婦が、1人の男を乗せたために起る恐怖を描く。監督はパスクァーレ・フェスタ=カンパニーレ、脚本はオッタビオ・ジェンマとアルド・クルード、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽は「オルカ」のエンニオ・モリコーネ、編集はアントニオ・シチリアーノが各々担当。出演は「スキャンダル」のフランコ・ネロ、「O嬢の物語」のコリンヌ・クレリー、デイヴィッド・ヘス、ジョン・スタイナーなど。

ストーリー

イタリアの新聞記者ウォルター(フランコ・ネロ)はセクシーな妻イブ(コリンヌ・クレリー)と取材を兼ねてアメリカ中をキャンピング・カーで旅していた。結婚9年めのふたりは何かにつけ反発しあっていた。ネバタからロスに戻る途中、イブはヒッチハイクの若い男アダム(デイヴィッド・ヘス)を乗せてしまう。実は、このアダムという男は、警官を2人殺して逃走中の200万ドル強盗の犯人だった。夜が来て、ピストルでおどされ手足を縛られて身動きできないウォルターの前で、アダムはイブを犯し始めトレーラーの中に姿を消す。そのスキに縄を切ろうとしたウォルターの胸にアダムの銃がつきつけられる。がその時、トレーラーの戸口から、イブがアダムに向けてライフルをはなつ。自由になった2人は、200万ドルを持ってトレーラーを走らせる。後方から、ドライブ・インの若者たちがオートバイで追いかけてきて運転のジャマをした。2人がカーブにさしかかった時、車は崖下に転落してしまう。若者たちはウォルターのポケットの300ドルを狙ったのだ。200万ドルに気付かずに逃げていく彼等を尻目に、ウォルターは死にかけているイブをトレーラーからかつぎ出し、アダムの死体の隣に置き、ガソリンをまくと満足そうに火をつけた。200万ドルのケースを持って、ウォルターは道路に立ち、片手をあげて車を待つのだった。...

作品データ

原題 Hitch-Hike
製作年 1977年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース:ヒッチハイク

ヒッチハイクの関連ニュース

他のユーザーは「ヒッチハイク」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

採用情報