ビッグ・ショット
ホーム > 作品情報 > 映画「ビッグ・ショット」
メニュー

ビッグ・ショット

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

11歳の白人と黒人の少年2人組の逃走をコメディ・タッチで描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはアイヴァン・ライトマン、製作はジョー・メドジャックとマイケル・C・グロス、監督は「F/X 引き裂かれたトリック」のロバート・マンデル、脚本はジョー・エスターハス、撮影はミロスラフ・オンドリチェク、音楽はブルース・ブロートンが担当。出演はリッキー・バスカー、ダリウス・マクラリーほか。

ストーリー

イリノイ州シカゴ郊外に住むアッパー階級の白人少年オビー(リッキー・バスカー)は、突然の父(ビル・ハドソン)の死に深いショックをうけ、母(ブライン・セイヤー)や姉のなぐさめも耳に入らず、茫然自失のまま家出を決行するが途中で道に迷い、ダウンタウンに潜り込んでしまう。そこでスリや脅しにあい、世間の厳しさに身も心もボロボロになったオビーは、同じ11歳の黒人少年スカム(ダリウス・マクラリー)と知りあう。体を張ってたくましく生きてきたスカムとオビーはたちまち意気投合し、いつしか2人はスカムの父が出稼ぎに出かけているルイジアナに向かう計画をたて、シカゴのギャング、ジョニー(ポール・ウィンフィールド)のベンツを無断拝借した2人は、銃を不法所持し、暴走する。そんな彼らを警察とFBI、そしてマフィアがマークし追いかける。が、何とか追跡者を巻いてルイジアナに到着することに成功したオビーとスカムは、スカムの父との再会を果たす。そしてオビーは今、心に新たな決意と勇気が満ちてくるのを感じているのだった。...

作品データ

原題 Big Shots
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 東宝東和

提供:株式会社キネマ旬報社

他のユーザーは「ビッグ・ショット」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi