晩鐘(1987)
ホーム > 作品情報 > 映画「晩鐘(1987)」
メニュー

晩鐘(1987)

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

中国映画界第五世代のウー・ツーニウ監督の第5作目にあたり、戦争経験のない監督が、その持ちうる演出力と映画技術を最大限に駆使し、戦争の悲惨さを冷徹なリアリズムによって表現した傑作。89年、ベルリン映画祭銀熊賞受賞。

ストーリー

1945年、日中戦争が終結した時期、東北地方の原野にはまだ兵士の死体が多く重なりあっていた。八路軍の死体処理隊は、この地の武器庫の洞窟に終戦を知らずに潜む33名の日本人兵士を発見する。冷静な判断力を持つ処理隊の中隊長(タオ・ツォールウ)は、捕虜の日本兵(スンミン)を説き伏せ、無条件降伏を要求する。しかし、心身共に極限状態の日本軍には狂人も出現し、洞窟は地獄と化していた。...

作品データ

原題 Evening Bell 晩鐘
製作年 1987年
製作国 中国
配給 東光徳間

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第39回 ベルリン国際映画祭(1989年)

ノミネート
銀熊賞(審査員特別賞) ウー・ツーニウ
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi