バビロン 愛欲の予言
ホーム > 作品情報 > 映画「バビロン 愛欲の予言」
メニュー

バビロン 愛欲の予言

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

ギリシャ3大悲劇詩人の1人、エウリピテスの戯曲『バッカス祭の女たち』をモチーフに、頽廃的な愛と性を描く。監督・脚本は本作品が日本での公開第一作となるコスタ・フェリス、撮影はタキス・ゼルヴォラコス、音楽はセシア・パナヨトゥが担当。出演はアルキス・パナヨティデスほか。

ストーリー

2月28日の夜、知性を売り物にし、合理主義を掲げる小説家の頭を、性的欲求という狂気が襲った。潜在意識の中から生まれたその欲望は、あたかも自分がハーレムにいるような幻想となって彼の前に現われた。妖艶な女から幼い少女まで、次々と美しい女たちが登場し、狂いながら舞い踊る。彼女たちは皆、自らの性的魅力を知り尽くし、それを誇示するように振る舞っている。そして彼女たち美しい妖精たちは、男のナーヴァスな心を弄ぶように男を甘い享楽へと誘惑し続ける。それは2月29日の夜、奇しくも彼の誕生日のことであった。...

作品データ

原題 Oh, Babylon
製作年 1988年
製作国 ギリシャ
配給 コムストック

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi