ハネムーンはモンテカルロで
ホーム > 作品情報 > 映画「ハネムーンはモンテカルロで」
メニュー

ハネムーンはモンテカルロで

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

一九五〇年代のロンドンとモンテカルロを舞台に、一組の新婚カップルの愛の成就を描いたラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはボブ・ワインスタインとハーヴィー・ワインスタイン、製作はクリスティン・オーストレイチャーとグラハム・イーストン、監督・脚本は「ショッキング・アクシデント」(ビデオ発売)でアカデミー実写短編賞を受賞、本作が長編デビューとなるジェームズ・スコット、原作はグラハム・グリーン(『負けた者がみな貰う』)、撮影はロバート・ペインター、音楽はシャーリー・ウォーカーが担当。出演はロバート・リンゼイ、モリー・リングウォルドほか。

ストーリー

一九五六年、ロンドン。通勤途中のバスで出会った、大企業の会計士イアン・バートラム(ロバート・リンゼイ)とキャリー・ポーター(モリー・リングウォルド)の二人はたちまち恋に落ち、結婚を誓うに至る。そんな折、バートラムは会社の経理上の問題を指摘したために社長のドレイサー(ジョン・ギールグッド)から認められ、報酬としてモンテカルロに招待され、そこで結婚式を挙げることになる。バートラムとキャリーはモンテカルロに到着するが、招待者のドレイサーは来る気配がなく、二人の金は残り少なくなる。持ち前の数学的才能を生かしてバートラムはルーレットで大金を手に入れ、ドレイサーへの復讐心も手伝って金の盲者と化していく。そんな折、ドレイサーの船が到着するが、夫に愛想をつかしたキャリーは部屋を出て行く。バートラムはキャリーを追い、一度は失いかけたキャリーとの愛を手に入れるのだった。...

作品データ

原題 Money Talks
製作年 1989年
製作国 イギリス
配給 ギャガ・コミュニケーションズ

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi