ハネムーン・キラーズ
ホーム > 作品情報 > 映画「ハネムーン・キラーズ」
メニュー

ハネムーン・キラーズ

劇場公開日

解説

1940年代アメリカに実在した殺人鬼カップル、マーサ・ベックとレイモンド・フェルナンデスを題材にしたクライムドラマ。年老いた母親と暮らす巨漢の看護師マーサは、新聞広告の恋人募集欄「ロンリー・ハート」で知り合った男性レイに惹かれていく。しかし彼の正体は、寂しい独身女性を狙う結婚詐欺師だった。全てを捨ててレイと生きることを選んだマーサは、彼の共犯者として結婚詐欺に加担するように。しかし次第に相手女性たちへの嫉妬心を抑えきれなくなり、殺人まで犯すようになっていく。当初は無名時代のマーティン・スコセッシが監督に抜擢されたが1週間で降板し、オペラ作曲家のレナード・カッスルがメガホンをとった。全米公開時はリアルな殺人描写が原因ですぐに上映終了したものの、その後フランソワ・トリュフォーが絶賛するなどして注目を集め、カルト・クラシックとして語り継がれることとなった。日本では2000年に初公開され、17年に同じカップルを題材とした映画「地獄愛」の公開にあわせてリバイバル上映。

スタッフ

監督
製作
ウォーレン・ステイベル
脚本
レナード・カッスル
撮影
オリバー・ウッド
編集
リチャード・ブロフィ
スタンリー・ウォーナウ
音楽
グスタフ・マーラー

キャスト

作品データ

原題 The Honeymoon Killers
製作年 1970年
製作国 アメリカ
配給 アンプラグド
日本初公開 2000年6月17日
上映時間 108分
オフィシャルサイト  

関連ニュース

関連ニュース

他のユーザーは「ハネムーン・キラーズ」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi