バニラ・フォグ
ホーム > 作品情報 > 映画「バニラ・フォグ」
メニュー

バニラ・フォグ

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

料理作りをきっかけに出会った男女の恋を描くロマンティック・コメディ。監督は本作がデビューとなるマーク・ターロフ(「I love ペッカー」の製作など)。脚本はジュディス・ロバーツ。撮影は「I love ペッカー」のロバート・スティーブンス。音楽はジル・ゴールドスタイン。美術は「ザ・クロウ」のウイリアム・バークレイと「マスカレード 甘い罠」のジョン・カサルダ。衣裳はキャサリン・ジェーン・ブライアント。出演は「スクリーム2」のサラ・ミシェル・ゲラー、「グラスハープ 草の竪琴」のショーン・パトリック・フラナリーほか。

ストーリー

アマンダ(サラ・ミシェル・ゲラー)は母から受け継いだレストランの女シェフ。しかし、いつまでも料理の腕は上がらず、店はつぶれかけていた。ある日、カニを買いに行った市場でデパートのエリートビジネスマン、トム(ション・パトリック・フラナリー)に出会う。「店のスペシャル料理はカニのナポレオン風」とでまかせを言ったアマンダだが、たまたまランチを食べ損ねたトムが恋人とともに店にやってきたことから、カニ料理を作ることになってしまう。出来上がった料理はトムの舌を魅了するが、魔法にでもかかったように恋人のほうはヒステリーを起こし、トムと別れて店を出て行く。恋人が割った皿を弁償するといったトムの言葉に、いそいそとアマンダはデパートへやってくる。トムとアマンダは一緒にダンスを踊る幻想を見る。恋の魔法にかかったアマンダは見違えるように料理の腕を上げ、レストランは大繁盛。ある夜、トムとアマンダは結ばれるが、バニラの霧がたちこめたり、身体が宙に浮いたりと、不思議なことが続いたせいでトムはアマンダを魔女ではないかと疑うようになる。二人は争うが、アマンダはその腕をデパートの責任者に認められ、高級レストランの開店パーティのシェフに抜擢される。アマンダの料理はお客を感動させ、過ちに気づいたトムはアマンダを抱きしめたのだった。...

スタッフ

監督
脚本
ジュディス・ロバーツ
エグゼクティブプロデューサー
アーノン・ミルチャン
製作
ジョン・フィードラー
ジョン・アミエル
ジョー・カラッチオーロ・JR
撮影
ロバート・スティーブンス
美術
ウィリアム・バークレー
ジョン・キャサーダ
音楽
ジル・ゴールドスタイン
編集
ポール・カラシック
衣装デザイン
キャサリン・ジェーン・ブライアント
字幕
細川直子

作品データ

原題 Simply Irresistible
製作年 1999年
製作国 アメリカ
配給 20世紀フォックス映画
上映時間 96分

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi