波止場(1954)
ホーム > 作品情報 > 映画「波止場(1954)」
メニュー

波止場(1954)

解説

「アフリカの女王」のサム・スピーゲルが1954年に製作したホライズン・プロ作品。悪徳ボスに支配された紐育の波止場の実態を描くマルコーム・ジョンスンの探訪記事『波止場の犯罪』(サン紙連載)を小説家のバッド・シュールバーグが脚色し、「綱渡りの男」のエリア・カザンが監督した。撮影はフランス出身のボリス・カウフマン、音楽はレオナード・バーンスティンの担当。主演は「乱暴者」のマーロン・ブランドで、新人エヴァ・マリー・セイント、舞台俳優リー・J・コッブ「征服への道」、カール・マルデン「語らざる男」、ロッド・スタイガーらが共演する。

ストーリー

紐育の波止場に働く沖仲士たちは、酒場を経営している悪らつなボス、ジョニイ・フレンドリイ(リー・J・コッブ)の暴力によって支配されていた。ある夜、沖仲士のひとりジョイが謀殺された。直接の犯人はジョニイの子分チャーリイ(ロッド・スティガー)であったが、チャーリイの弟でやはりジョニイの一味であるテリイ(マーロン・ブランド)も片棒をかついでいた。事件は波止場の正義派バリイ神父(カール・モルデン)やジョイの妹イディ(エヴァ・エヴァ・マリー・セイント)の痛憤をよそに闇から闇へ葬り去られようとしていた。神父は犯人の発見に躍起となり、それを快く思わないジョニイ一味は教会を襲った。ちょうどその場に居合わせたイディは、危いところをテリイに救けられた。彼女は、テリイが兄の謀殺に関係があるのではないかと疑ったが、彼の意外な純真さに惹かれ、2人の気持ちは次第に接近しそれとともにテリイの心はジョニイ一味から離れて行った。そこへまたまた、白昼、沖仲士が1人殺される事件が起きた。テリイはバリイ神父の忠告に従って、イディに事件の真実を告白した。チャーリイは、ジョニイに命じられて、テリイに一切の秘密を口外するなと嚇したが、彼は聞き入れなかった。テリイはイディをアパートに訪れ、激しく愛を求めた。しかしジョニイ一味に襲われて2人が危くのがれたとき、屍体となったチャーリイの姿を見つけた。テリイは憤慨して、1人ジョニイの酒場にのりこんだが、そこにジョニイの姿はなかった。間もなくジョニイ一味は、2つの殺人事件について法廷で尋問された。テリイはかれの犯罪事実を証言した。翌朝波止場にあらわれたテリイは、沖仲士仲間から卑怯者としてボイコットされた。テリイはジョニイの本拠にのりこみ、彼を打ちのめしたが、自らも子分たちの暴行をうけて半殺しにされた。しかしテリイは渾身の力をふりしぼって立ち上がり、沖仲士たちの中へ歩いていった。沖仲士たちはテリイの真の勇気を知った。労働者たちの先頭に立って仕事場へと歩を進めるテリイを、バリイ神父とイディは明るい顔で見送った。...

作品データ

原題 On the Waterfront
製作年 1954年
製作国 アメリカ

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第27回 アカデミー賞(1955年)

受賞
作品賞  
監督賞 エリア・カザン
男優賞 マーロン・ブランド
助演女優賞 エバ・マリー・セイント
脚本賞 バッド・シュールバーグ
撮影賞(白黒) ボリス・カウフマン
編集賞 ジーン・ミルフォード
美術賞(白黒)  
ノミネート
助演男優賞 リー・J・コッブ
助演男優賞 カール・マルデン
助演男優賞 ロッド・スタイガー
作曲賞(ドラマ/コメディ) レナード・バーンスタイン

第12回 ゴールデングローブ賞(1955年)

受賞
最優秀作品賞(ドラマ)  
最優秀主演男優賞(ドラマ) マーロン・ブランド
最優秀監督賞 エリア・カザン

第15回 ベネチア国際映画祭(1954年)

ノミネート
銀獅子賞 エリア・カザン

関連ニュース

関連ニュース

映画レビュー

平均評価
3.3 3.3 (全4件)
  • ギャングの中のいい奴 ネタバレ! 波止場を牛耳るギャングのボスに立ち向かう話。結局あそこまで腐敗しきって危険を脅かされる状況では自分だけ立ち向かっても多くは助けてくれず、むしろ白い目で見られ迫害されていく、という描写にリアルさ感... ...続きを読む

    Tommy Tommyさん  2016年4月23日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 若かりし頃のマーロン・ブランド見たさに鑑賞。ストーリーにも今ひとつ... 若かりし頃のマーロン・ブランド見たさに鑑賞。ストーリーにも今ひとつ乗れず有名な作品だがあまり魅力は感じなかった。屈性した感情表現はジェームズ・ディーンの方がはるかに良いと思う。 ...続きを読む

    hctc hctcさん  2016年3月4日  評価:3.0
    このレビューに共感した/0人
  • 勇気が出た ネタバレ! 勇気をきちんと正面から描いていて感動した。波止場の労働者どもは最初、主人公を冷ややかに見ていて、余計なことするなみたいな感じだったのに、主人公の頑張りに感化されてヤクザに立ち上がる。それは主人公... ...続きを読む

    古泉智浩 古泉智浩さん  2014年8月27日  評価:3.5
    このレビューに共感した/1
  • すべての映画レビュー
  • 映画レビューを書く

動画配信検索

以下のサービス経由で、この作品の全編を今すぐ視聴できます。

波止場 波止場
波止場 波止場
2013年9月27日 2016年4月18日
¥500 ¥400
ビデオマーケット U-NEXT
※プレミアムコースの場合 ※600円分無料

他のユーザーは「波止場(1954)」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi