ハッピィブルー
ホーム > 作品情報 > 映画「ハッピィブルー」
メニュー

ハッピィブルー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

等身大の若者を描いたハート・ウォーミング・コメディー。監督・脚本(ジェイソン・ケイティムズと共同)は本作が長編デビュー作となる新鋭マット・リーヴス。製作は「フォーエバー・ヤング」のジェフリー・エイブラムズと「グリッドロック」のポール・ウェブスター。製作総指揮は「コップランド」のメリル・ポスター、「ハーモニー」のハーヴェイとボブのワインスタイン兄弟。撮影は「トゥモロー・ネバー・ダイ」のロバート・エルスウィット。音楽は「グリッドロック」のスチュアート・コープランド。美術は「ニュー・エイジ」のロビン・スタンデファー。編集はスタン・サルファス、衣裳はドナ・ザコウスカがそれぞれ担当。主演はTVシリーズ『フレンズ』で人気を得たデイヴィッド・シュワイマー。共演は「Emma エマ」のグウィネス・パルトロウ、「ある貴婦人の肖像」のバーバラ・ハーシー、「ネゴシエーター」のマイケル・ラパポートほか。

ストーリー

トム(デイヴィッド・シュワイマー)は大学を卒業して一年、いまだに就職活動中だ。建築会社の一次面接があった日、ルース・アバナシー(バーバラ・ハーシー)と名乗る女性から、「息子ビルが死んだので、親友のトムに柩をかついでほしい」と頼まれる。ビルに全く憶えがないトムだが、柩をかつぐばかりか弔辞まで読むはめになる。何とか葬式を済ましたトムにルースはビルの自動車をくれた。次の木曜日、高校時代のマドンナ、ジュリー(グウィネス・パルトロウ)と初デートするが、失敗したうえに、就職も駄目。意気消沈したトムはルースのもとへ足が向いた。そして成りゆきでベッドイン。しかし、あることがきっかけにジュリーとデートを重ねることになったトムは、ルースとの関係を精算することを考える。怒ったルースは、ジュリーの誕生パーティーに乗り込んでくる。トムは思わずビルのことを憶えていないことを告白する。そこでトムは気付いた、すべての原因は自分にあることを。...

作品データ

原題 The Pallbearer
製作年 1996年
製作国 アメリカ
配給 松竹富士配給(松竹=アスミック提供)
上映時間 99分

提供:株式会社キネマ旬報社

受賞歴

第49回 カンヌ国際映画祭(1996年)

出品
ある視点部門
出品作品 マット・リーブス
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi