バスケットケース2
ホーム > 作品情報 > 映画「バスケットケース2」
メニュー

バスケットケース2

劇場公開日

解説

奇形のシャム双生児の兄弟の織りなす愛と悲劇を描くホラー映画で、「バスケットケース」(82)の続編。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・グリッケンハウス、製作はエドガー・イエヴィンス、監督・脚本は「バスケットケース」のフランク・ヘネンロッター、撮影はロバート・M・ボールドウィン、音楽はジョー・レンゼッティが担当。出演はケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック、アニー・ロスほか。

ストーリー

タイムズ・スクエアのアパートの窓から転落したが、九死に一死を得た、シャム双生児のドゥエイン(ケヴィン・ヴァン・ヘンテンリック)と奇形の兄ベリアル。病院を抜け出した彼らは、フリークスたちに理解を示すルース(アニー・ロス)とその孫娘スーザン(ヘザー・ラトレー)に助けられる。ルースの屋敷に連れて行かれた2人は、そこで数十人のフリークスたちに囲まれた生活を送ることになる。一方、タブロイド紙が行方不明になった2人について情報提供者に賞金を出すと発表する。これを狙った女性レポーターのマーシー・エリオット(キャサリーン・メイスル)はドゥエインとベリアルがルースの屋敷にいることをつきとめる。だが、ドゥエインとフリークスたちは彼女とその相棒のカメラマンらを次々に血祭りに上げる。屋敷で計画の成功を祝うフリークスたち。ベリアルは自分と似た奇形のイブと愛を交わし、ドゥエインはスーザンに愛を告白する。ドゥエインはスーザンを抱こうとするが、スーザンの身体の中には奇形の赤ん坊が何年も宿っていたのだ。ショックを受けた彼はスーザンを窓から突き落として死なせ、ベリアルを自分の身体に縫い合わせるのだった。...

作品データ

原題 Basket Case 2
製作年 1990年
製作国 アメリカ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

「バスケットケース」シリーズ関連作品

他のユーザーは「バスケットケース2」以外にこんな作品をCheck-inしています。

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi