バジル
ホーム > 作品情報 > 映画「バジル」
メニュー

バジル

劇場公開日

解説

ヴィクトリア朝を舞台に、ある青年貴族がたどる数奇な運命を描くミステリーロマン。『月長石』で知られる作家ウィを、「フラッド」のクリスチャン・スレーター(本作では準主演)が、監督・脚本に「クローゼット・ランド」のラダ・バラドワジを迎え、共同プロデュースにより映画化。撮影は「オセロ」(96)のデイヴィッド・ジョンソン。音楽はリチャード・G・ミッシェル。美術は「サロメ」のジェームズ・メリフィールド。編集はクレイグ・ニスカー。衣裳はデアドレ・クランシー。出演は「キルトに綴る愛」の新鋭ジャレッド・レト、「ジョー・ブラックによろしく」のクレア・フォーラニ、「ハムレット」のテレク・ジャコビほか。

ストーリー

19世紀、ヴィクトリア朝下の英国、ウィンダミア地方。青年貴族バジル(ジャレッド・レト)は、厳格な父フレドリック(デレク・ジャコビ)の下育てられた。彼が5歳の時、11歳年上の兄ラルフは村の教師エマと恋に落ちて彼女を妊娠させる事件を起こし、それがもとで父によって追放されていた。さて、オックスフォード大学に入学したバジルは、生地問屋で働く商人マニヨン(クリスチャン・スレーター)と知り合い、彼に新たな世界を教えられる。そんなある日、彼はマニヨンの雇い主の娘ジュリア(クレア・フォーラニ)を知るや恋に落ち、父親の許しも得ずひそかに結婚した。ところが実はマニヨンとジュリアは愛人関係だったことが発覚。逆上してマニヨンを傷つけてしまうバジル。マニヨンは姿を消し、ジュリアはバジルにマニヨンからバジルと結婚するように頼まれたと告白。ところがフレドリックはかつて兄にしたようにバジルも勘当、彼は日銭を稼ぐ生活に落ちぶれた。失意のなか、兄ラルフと再会したバジルは恐るべき真実を知る。マニヨンはエマの実弟で、彼は復讐のためにバジルに近づいたのだ。かくしてバジルはマニヨンの姿を求め、故郷へと足を向けるのだった。...

作品データ

原題 Basil
製作年 1998年
製作国 アメリカ
配給 K2エンタテインメント配給(FCC=K2提供)
上映時間 104分

提供:株式会社キネマ旬報社

関連ニュース

関連ニュース

DVD・ブルーレイ

宝島[DVD] マルコ・ポーロの冒険[DVD] 踏み切り[DVD] フォース・オブ・ダークネス[DVD]
宝島[DVD] マルコ・ポーロの冒険[DVD] 踏み切り[DVD] フォース・オブ・ダークネス[DVD]
発売日:2009年7月17日 最安価格: ¥2,419 発売日:2012年5月25日 最安価格: ¥3,528 発売日:2011年1月21日 最安価格: ¥3,547 発売日:2008年3月5日 最安価格: ¥4,071
Powered by 価格.com
このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi