橋の上の貴婦人
ホーム > 作品情報 > 映画「橋の上の貴婦人」
メニュー

橋の上の貴婦人

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

画像1

解説

青年画家と美しい実業家夫人との恋とその破局を描くラヴ・ストーリー。イギリスの印象派画家フィリップ・ウィルソン・スティアの代表作『橋』にインスパイアされて書かれたマギー・ヘミングウェイの処女小説(邦題『橋の上の貴婦人』文芸春秋刊)の映画化で、本作がデビュー作となるシド・マカートニーが監督、製作はリン・ゴールビー、撮影はデイヴィッド・タッターソル、音楽はリチャード・G・ミッチェルが担当。

ストーリー

1887年の夏、イゾベル(サスキア・リーヴス)と3人の幼い娘たちは、サフォークの海辺の小さな村に避暑にやって来た。4人で海辺にピクニックに出かけた日、末娘のエマ(タビサ・アレン)は、年に一度の画作旅行で同じくこの村を訪れてきた若き画家のスティア(デイヴィッド・オハラ)に出会う。エマはスティアを気に入り、自分の肖像画を描いてもらうことを約束させるが、しかしスティアが一目見てその虜になったのはイゾベルであり、彼女の姿をキャンバスの上に捉えようと直ちに決心した。トッド夫人(ジェラルディン・ジェイムズ)の夫や息子の命を奪った台風が村を襲った次の日、早速スティアはイゾベルの別荘に見舞いに訪れた。イゾベルもまた情熱的なスティアに心惹かれていき、やがて善良で純真なイゾベルの叔母ジュード(ローズマリー・ハリス)と、弁護士でスティアの後援人スミスソン(ジョス・アクランド)のふとした言動に力を得て、2人は恋におちる。ヴィクトリア女王在位50周年の記念祝典とともに夏が終わりに近づくにつれ、2人の運命は避けられないところまで来ていたが、そんなある日、ロンドンからイゾベルの夫で実業家のレジナルド(アンソニー・ヒギンズ)がやって来る。そしてスティアが遂にイゾベルの肖像画を完成させた日、2人の逢瀬を目撃したエマが、嫉妬心からそのことをジュードに告げたばかりに2人の関係は知られることになってしまう。レジナルドはイゾベルを部屋に監禁し、スティアを呼びつけ村を出るよう警告する。スティアはそれに従い、荷物を馬車に乗せ村を出ようとするが、せめてもう一目会いたいと戻ってくる。そこで彼は、スティアが自分を諦め村を出たと聞かされたイゾベルが別荘を飛び出し橋の上でうなだれる後ろ姿を目撃する。スティアは彼女に声をかけることもなく、ただその情景を脳裏に焼きつけるのみだった。そしてその思いをもとに生涯最高の作品『橋』を描きあげるのであった。...

作品データ

原題 The Bridge
製作年 1991年
製作国 イギリス
配給 ヘラルド・エース=日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi