吐きだめのヒーロー
ホーム > 作品情報 > 映画「吐きだめのヒーロー」
メニュー

吐きだめのヒーロー

劇場公開日
  • 特集
  • インタビュー
  • 予告編・動画
  • 映画評論
  • 関連ニュース
  • レビュー
  • 動画配信検索
  • DVD・ブルーレイ
  • 映画館
最新情報はこちら

解説

両親を殺された仇をうとうとする野性児の活躍を描くSFアクション・ファンタジー。製作はデイヴィッド・キャロウェイとニコラス・クレアモント、監督はドキュメンタリー出身のマックス・リード、脚本は「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」を監督したジョン・セイルズ、撮影はレネ・ヴェルジェ、音楽監修はスティーヴ・ティレルが担当。出演はロブ・ネッパー、キャスリーン・クインランほか。

ストーリー

“フラワー・パワー”はなやかな1969年、ハドとロリー、彼らの3歳の息子フリーのヒッピー一家は旅をしていたが、街で殺人事件に巻き込まれハドとロリーは暴走族のチョッパー(ロバート・ダヴィ)によって殺されてしまう。孤児となったフリーは、浮浪者の女リー(ベティ・バックレイ)によって拾われ、“野性児”<ワイルド・マン>と名付けられる。彼が10歳の時この育ての親リーは銃で撃たれた傷がもとで死んでしまうが、ワイルド・マン(ロブ・ネッパー)はそれ以後、伝説のヒーローとして人前から姿を消す。そして現代、チョッパーはワイルド・マンの両親殺しに加担した警官トラスク(モーリー・チェイキン)と手を組み“ゾーン”と呼ばれる無法地帯を支配している。ある夜、社会奉仕員のジェーン(キャスリーン・クインラン)が間違ってゾーンの真っ只中に取り残され無法者によって襲われるようとするが、そこにワイルド・マンが現われ彼女を助ける。2人はやがて知り合いい、愛し合うようになるが、チョッパーたちの企みがもとでワイルド・マンは留置所に拘置されてしまう。だが脱獄に成功した彼は、トラスクの部屋に入り、トラスクが残した調書によって両親殺しの犯人を知る。トラスクは自分が犯した罪に悩み、調書を残して自殺しようとした時、チョッパーの刺客によって殺されていた。両親の仇、チョッパーに対する野性の戦いが今始まろうとしている。...

作品データ

原題 Wild Thing
製作年 1987年
製作国 アメリカ
配給 日本ヘラルド映画

提供:株式会社キネマ旬報社

このページの先頭へ

最近チェックした履歴

映画の検索履歴

他の映画を探す

映画館の検索履歴

他の映画館を探す

特別企画

Jobnavi